« テック、10m離れても操作が可能な2.4GHzワイヤレスペン型マウス | トップページ | 自動募金機 »

2006/04/28

富士通研究所、初めて見る超難解な漢字でも、手書き入力で瞬時に検索

リンク: @nifty:NEWS@nifty:[新技術]富士通研究所、初めて見る超難解な漢字でも、手書き入力で瞬時に検索(BCN).

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2006/04/24-2.html

日常ではほとんど目にする機会がなく、読み方もわからないような難しい漢字を簡単に探し出して入力できるようにするシステム。漢字の形をマウスなどで手書きしていくと、「へん」や「つくり」といった漢字を構成する部分の形を手がかりに自動的に当該の漢字を絞り込んでいく。画数や筆順に関わりなく、文字の一部からでも検索できるのが特徴。

日刊工業新聞でも超漢字と比較されて紹介されていたような。紹介されているフォント例がなんというかどこかで見たような気がしてならないんですが気のせい?
MS-IMEで初めてこの手の漢字検索ソフトを使った時は感激したなあ。

まあ、超漢字の漢字検索方法も便利ですけどね。両方あるといいかも。

#しかし、更新の意欲をなくすほどのココログの不調はなんとかならんか。まあ、ちょいと忙しくて体調不良というかバーンアウト気味だったのもあるけど。

|

« テック、10m離れても操作が可能な2.4GHzワイヤレスペン型マウス | トップページ | 自動募金機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士通研究所、初めて見る超難解な漢字でも、手書き入力で瞬時に検索:

« テック、10m離れても操作が可能な2.4GHzワイヤレスペン型マウス | トップページ | 自動募金機 »