« ユビキタス・ウィルス時代? | トップページ | 柿の種 »

2006/03/17

はてなブックマーク

はてなブックマークっていいかもしんない。ということで、見つけた記事。


嶋 正利ブログ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20060315/232583/
最適化が創造的開発を勝利に導く(前編)---RISCにCISCの長所を取り入れて成功したSHプロセッサ

 

日本発の文明と文化の創造で先端を走っているものが2つある。TronとPlayStationだ。

 Tron OSは,幅広い応用分野で大量に使われ続けている。携帯電話を含めたWireless分野での戦いに勝利すれば,今後も文化として生き残るだろう。その一方で,Tronプロセッサは採用した命令セット・アーキテクチャが古すぎたため,そのほとんどが成功せず,文明として生き残れなかった。
 その反省もあってか,日立製作所のSHシリーズなどの32ビット・マイクロプロセッサは,簡単な命令セットだけを搭載するRISC型命令セット・アーキテクチャ(Reduced Instruction Set Computer:縮小化命令)を採用しながらも,いくつかの工夫を凝らしている。


SHの人は元はTRONプロセッサの担当で、CISCがイヤになってSHを始めたんじゃなかったっけ?
それにしてもトータルアーキテクチャって言ってたんだからTRON-OS仕様の命令セット=TRONプロセッサの命令セットぐらいに思ってたけど、違うの?

|

« ユビキタス・ウィルス時代? | トップページ | 柿の種 »

コメント

http://resource.renesas.com/lib/jpn/superh/theme/01.html">SuperH™ 開発ストーリ

Gmicro/FPUをやってた様です。>SHな人

投稿: nya | 2006/03/16 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はてなブックマーク:

« ユビキタス・ウィルス時代? | トップページ | 柿の種 »