« 「ここデンチュ」 | トップページ | ユビキタス・テンキー »

2006/02/10

県庁の星

フジテレビが例によって踊る映画化ということで話題の原作小説「県庁の星」を読んでみた。

県庁職員がパートのオバサンに乗せられて冴えないスーパーを立て直すといった話になるんですかね。でも、パートのオバサン役が映画化で柴崎コウになるのは反則かも。
しかし、県庁といっても市役所と違ってあまり馴染みがないよな。ロケ地は高知県庁ということで、戦後の役所建物意匠を決定した丹下健三ゆかりの地を選ぶあたりがスルドイ。

落語なんかもそのクチだけど、その良し悪しは別にして日本の娯楽の王道は黒く乾いた笑いよりは「面白くて&ためになる」だと思う。

「県庁の星」も5Sは大事とか、差別化マーケティングは消費者目線でとか、障害・クレーム対処法とかが小難しい用語なしに自然に描かれている。
なんとなく「スーパーの女」とか、落語で言うと「道具屋」とか「唐茄子屋政談」みたいな感じもするけど。


そのなかの台詞の一つに「女は目に見えないものに金を払う」っていうのがある。


「ものづくり」が大切だという風潮であるが、現実には近郊の「ものづくり」でなりゆかなかった遊休工場跡地は、次々と巨大総合スーパー(GSM)に変貌している。
駅前のシャッター街を通るにつけ、サービス産業で「ことづくり」社会化する時代になったのだと思う今日この頃。

そうして生まれた欲望の最大公約数を詰めた巨大な箱は、平凡で退屈の塊のようでもある。便利だけど。

郊外の工場跡地の巨大GSMと、いわゆる「カテゴリー・キラー」専門店が集まった区域は店舗の集合というよりも、もはや一つの都市に近い。しかも夜の10時11時までやっていて、便利といえば便利だ。これでシネコンや市街地機能をそのまま抱え込む、となると大昔の企業城下町とか国鉄の町みたいになってしまうような。

ちょっと前は、朝の7時から夜の11時という小売店舗形態がとても便利と思われていたが、今やそれが普通なのね。ちなみに、都庁内のコンビニの営業時間は朝の7時から夜の11時だとか。

ずっと百貨店に収まっていた高級ブランドが、銀座や表参道に店ごと散らかったような現象に似ているような気がしないでもない。

先日紹介したドイツのメトログループの試みをお手本にしたと思われる日本版「フューチャー・ストア」がイオングループで実施されることでもあるし、PDAをショッピング・カートに載せることで販売を区画自体が支援する電脳商業都市になる日も近いかも。

ただ、もともと工業地帯であった箇所であるために、

・居住地から比較的遠いので自動車必須。
・敷地自体が広いため駐車場から店舗部分が遠いから、目的地に行くまでに疲れる。
・店舗周囲の道はあまり広くないことも多く、近くに行けば行くほど混むことも多い。
・商品展示区画が一品ごとに広いから、品揃えが豊富のような気がしない。

  といったような感想はある。


これで、車で来店が前提の店舗であるが-車が運転できなくなったら?深夜営業ができなくなったら?商売が失敗して撤退されたら?実際、周りを焼け野原にしてしまったあげく、業績不振で撤退していく事例も出てきている。


夜、遠くから見ると店舗の明かりで戦艦が停泊しているような姿は、GSM大艦巨砲時代のようにみえる。
ネットショッピングでもいいんじゃないのか?夕食材料配達は現在でもあるし。すぐ飽きるけど。

「ものづくり」時代の教育が時代遅れになり、サービス産業化「ことづくり」社会への変貌していくのに、コミュニケーション・スキルを要求される業務のためへの教育不足と、サービスの質といった「見えない何か」を製造して販売することに評価を与えない環境。最近の地方での就業機会をスポイルしていく構造って、そうしたところから発生しているような気がする。

読んでいてそんなことを思った。

ただ、娯楽作品のように「県庁の星」が颯爽と現れて解決してくれることは、多分ないだろうけれど。
とりあえず、生き残っている近所のスーパーには頑張っていただきたい。

|

« 「ここデンチュ」 | トップページ | ユビキタス・テンキー »

コメント

ユビキタスってのを推し進めれば、ぐるぐる廻ってお買い物をしてくれるリモートロボットとそれを宅配してくれる共同の配送サービスがあれば補完できそうな感じがしますな。傾く前でないとそういう投資の余力がないかもしれないけど。(そうしたらバイトの人が注文リストをUCでみながらお買い物だ(^^;)

投稿: リチャード・王 | 2006/02/13 15:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県庁の星:

« 「ここデンチュ」 | トップページ | ユビキタス・テンキー »