« TRONエリート | トップページ | もっと、坂村バリバリ経済教室 »

2006/01/08

次世代の基盤ソフトを作り出せ

日経コンピュータ2006年1月9日号の特集ってことで、
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NC/20051227/226803/
蘇れ! 日本のIT
ユーザー・ベンダー・識者が考える再生計画
 の中に

次世代の基盤ソフトを作り出せ ってのがありますね。

んー、ソフトもいいけど、XMLスキーマとかのデータ標準というかコンテンツ記述方式のほうが基盤としては重要なんでないのかしらん。今後のビジネスロジックの主戦場はそちらじゃないのかなあ。

TRONでいうと、気分はBTRONやITRONよりユビキタスTADのほうだよね、って漢字、いや感じでしょうか。

端末的にはシンクライアントでもリッチクライアントでもAJAXでもXMLというデータ共通基盤ありきで成り立つ話なんであって、そこに早くから注力してきたMSというのは、わかってらっしゃるんじゃないでしょうかね。

BTRONのいいところの一つは、TADというデータ中心的アプローチであるんだけどなあ。
そこからくる、シームレスなアプリケーション間の連携をかいま見せてくれただけでも、大いにBTRONを使った甲斐があったと思うんですよね。

個人的には、クラリスインパクト+ファイルメーカーのあたりも捨てがたいですが。
OLEや発行/引用だと大げさで重たくて不安定すぎたからなあ。

|

« TRONエリート | トップページ | もっと、坂村バリバリ経済教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/8063655

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代の基盤ソフトを作り出せ:

« TRONエリート | トップページ | もっと、坂村バリバリ経済教室 »