« バーコードWiki | トップページ | 猫型天体....らしい »

2005/11/29

ハイパーテキストという「弱い紐帯」

アイデアとは「異なる要素の組み合わせ」ってことらしいんですが、かと言ってやたらと異なればいいのかって言うとやっぱりそうでもなかろうと。
なんか底のほうでは繋がってるんだろうと。地下茎だとかリゾーム(死語)とかいう感じ。

今さら言うのはちょっと恥ずかしいのだが「Six Degrees of Separation-6次の隔たり」というのがあって、一人当たり200人の異なる知り合いがいると仮定したら、6人で世界中の誰とでも繋がるという話がある。

200の6乗は?といくつというと、多少の重複があったにしても地球の人口程度はありますわな。
ひっくり返していうと、ねずみ講はすぐ行き詰るという話と同じ。

ハイパーテキストも似たようなもんで、一つの実身に5,6個の仮身(ハイパーリンク)が入るようにしてやれば、2~3万の実身を4,5回のホップで見つけることができるようになる。

これが、ハイパーテキストの便利なところ。

適当になんとなく内容に関連のある仮身をペタペタ貼っていくだけで、1万ファイル(実身)ぐらいはさほど支障なく管理できる。
しかし、1万ファイル作ったことある人っています?写真とかならすぐ埋まるかもしれませんけどね。

BTRONはTADということで、全実身のテキストを検索することが出来る。例外もあるけど。

たいていの仮身は、それなりに関係のある内容の関係のある文脈(コンテキスト)に埋め込まれていることが多いはずだ。
普通、何の関係もないところには仮身を置いたりはしないだろう。

ということは、仮身のまわりにあるテキストというか文章というのは、仮身の「メタデータ」に自然となっている可能性が高い。

たとえば、旅行の記録として、地図や写真のような画像データを仮身として貼り付けておくとしよう。
その画像データまわりの旅行に関する記述(旅程、行程、旅行中の出来事、同行者などなど)は、まったく自然な形で「画像データ」の「メタデータ」になっていることが分かるだろう。

検索のためだけの面倒なタグ付けとかどうこうはまったく必要ない。
ただ、関連する文章の中に「つかんでポン」するだけだ。

また、同じ文章内のキーワードが、検索した時にまったく異なる要素間のつながりを見つける手助けになることも同時に分かるはずである。

これが、ハイパーテキストという「弱い紐帯」というもう一つの側面をあらわしている。

自分の意識の底のほうでは繋がってる「異なる要素の組み合わせ」がキーワードによる検索で自然に現れる瞬間である。

ただ、グーグルで同じことをやっても、候補が出すぎて要素同士がうまく繋がってくれない。
やはり適正な規模があるのだろう。

少し話は飛びますけど適正な自治体の規模というと、一般的には地方都市で2,30万人ぐらいまでが限度じゃないかという話がありますけど、個人の興味の限度ってのもやっぱりそのくらいの20万実身ぐらいなんじゃないんだろうか。

ま、80年生きても3万日足らずなので、20万ファイル作るとなると一日6実身程度の生産性なら、一生何とかなるんじゃないですかね。そうそう人間一日当たり6個もまったく新しいものに興味もてないと思うけどな。

たとえば日記とか。ブログとか。

まあ、そんな感じですかね。BTRONって。

|

« バーコードWiki | トップページ | 猫型天体....らしい »

コメント

複雑な世界、単純な法則
――ネットワーク科学の最前線
マーク・ブキャナン 著 /阪本芳久 訳

の方がお勧めなのかな?まだ読んでませんけど。

考えてみるとWikiやはてなは当然ながら、このブログだってページを作ると勝手にリンクがいっぱいついてきますよね。

BTRON2.0の課題は自動リンクをどうするか?ってことなんでしょうか。

投稿: halftable | 2005/12/01 22:24

ありがとうございます。「ハイパーリンク」で検索してもうまくいかず、挫折していたところです。調べてみます。

投稿: おっちー | 2005/12/01 18:13

http://btron2.cocolog-nifty.com/btron/2005/11/post_3d5d.html

コメントありがとうございます。今回のエントリーの参考にさせていただきました。

「メタデータ」云々の物言い以外は大体美崎さんの言ってることのパクリですけどね。

ハイパーリンクはまずたくさんファイルがあることが重要なのです。
バネバー・ブッシュさんが整理しきれなくなったものを見つけられるようにするために考えた概念なので。

リンクの数というのはファイル数の2分の1本以上あることが必要だといわれています。
だから、1000ファイルあれば500本以上は必要になります。

「超」リンクはその辺を自動化したのが偉いと思います。

スチュアート・カウフマン、ランダムリンクと言ったキーワードでお探しください。

よろしく。

投稿: halftable | 2005/11/30 22:03

はじめまして!
今回の記事、わかりやすい説明ですね。ハイパーリンクって沢山張る必要があるのかと思っていたのですが、お気楽にやっても十分ということですよね。肩の力を抜いて、BTRONを楽しめそうです。
 それにしても大した知の世界だなー。
 ありがとうございました。

投稿: おっちー | 2005/11/30 03:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイパーテキストという「弱い紐帯」:

« バーコードWiki | トップページ | 猫型天体....らしい »