« TRONSHOW 2006&TEPS2006 | トップページ | ICタグ、用途拡大 »

2005/11/16

ユビキタス墓参

フィル・スペクターが所属したテディ・ベアーズ全米1位のヒットソング「TO KNOW HIM IS TO LOVE HIM(会ったとたんに一目ぼれ)」は、タイトルの割にかなり暗い感じの曲だ。
実は、TO KNOW HIM IS TO LOVE HIMというのはフィル・スペクターの父親の墓碑銘からとられているのだ。

季節の変わり目のせいか、弔報が増えたような気がする。

お彼岸なんかで墓参りに行ったりすると、実際、どこに故人の墓があるのかわからず迷ってしまう。
墓石だけ見るというのも何となく淋しいだろう。

そこで、墓石にICチップを埋め込んだメモリー・メダイヨンの出番だ。

Memory Medallion
http://www.memorymedallion.com/

これからの墓参りのスタイルは、PDAを持って、墓石に付けたRFIDにタッチ。
すると、故人の写真と600語の故人のデータが呼び出せるのだ。

これで、霊園がたちまち図書館のように。
線香や柄杓のかわりにPDAからお経や賛美歌とかが宗派別に流れたり。

GISと連動で、もう我が家のお墓に一直線でたどりつけます。
故人を偲ぶユビキタス墓参には、ぜひユビキタス・コミュニケーターを。

まあ、正直墓とかは名札みたいなものでいいような気がするけど。戒名の代わりにQRコードでも可、みたいな。
みたいなじゃねーだろ、みたいな。

キリスト教の人は墓まで個人主義だからこうした仕様でもいいけど、日本の墓だと5,6人分は対応しないとだわ。ここに新規開発の余地があるかも。

女房に言えぬ
仏が出来て
彼岸の帰りの
回り道

それでは。

|

« TRONSHOW 2006&TEPS2006 | トップページ | ICタグ、用途拡大 »

コメント

冠婚葬祭TADと冠婚葬祭CMSで、いつなんどき冠婚葬祭があってもスムーズに対応できます……というサービスがあったらなあ。

ユビキタス冠婚葬祭サービス・プラットホームが欲しい。

ついでに、ユビキタス同窓会幹事向けサービス・プラットホームも欲しい今日この頃です。

ふう。

投稿: halftable | 2005/11/18 21:29

イスラムとかだと当然メッカの方角にGPS連動でありがたいCGが出たりするんでしょうな。

お祈り用のマット?には昔は方位磁石がついていたようですが>イスラム

真言立川流とかオウム真理教とかの宗教別祭礼カード(アンチコリジョン対応)と故人のカードを重ねて置くと式典のビジュアルと音楽とかが展開されるのだね、きっと。

ほとんどカードバトルのような(笑)

冠婚葬祭に応用できそうですな。

追伸:360度のVRスクリーンとかでカードバトルするようなアーケードゲームってあったっけ?

投稿: リチャード・王 | 2005/11/18 09:22

>世界中どこでもカードさえ持っていけば墓参りが可能!

まあ、そういった感じですよね。

なかなか、お墓の話というのも面倒ですわ。

>故人のパーソナルデータ(^^;)

そこで、墓参りTADが重要な役割を持つわけです。個人のパーソナリティを完全に記述でき、かつあらゆる宗教に対応可能な葬儀を(ry

投稿: halftable | 2005/11/16 19:49

墓石にカードを差すとたちまち専用のものに!
って方がユビキタスな感じじゃないかしらん(^^;)

世界中どこでもカードさえ持っていけば墓参りが可能!

ちょっとホロデッキみたいだけど、汎用の礼拝所みたいなところで故人のパーソナルデータ(^^;)に基いた祭礼様式で壁面などに映し出されたり音楽やお祈りが流れたりするって感じかねぇ。

普段は位牌とかに入れておくとかいうのでも良いよね。
墓地不足解消の役には立ちそうだが。(キリスト教では難しいのだろうか)

投稿: リチャード・王 | 2005/11/16 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユビキタス墓参:

« TRONSHOW 2006&TEPS2006 | トップページ | ICタグ、用途拡大 »