« ハイパーテキストという「弱い紐帯」 | トップページ | 今時のグローバルスタンダード »

2005/11/30

猫型天体....らしい

大マゼラン雲にある超新星残骸DEM L316の可視光写真に、NASAのX線観測衛星チャンドラによるX線画像を重ねると、猫のような姿が浮かび上がった。左上の顔の部分には耳があるように見えるし、右下の胴体の部分には、長いしっぽがついている。もっとも天文学者がこの画像に着目するのは、猫が好きだからではなくて、DEM L316が異なる2つの超新星残骸が重なって見えている、非常に珍しいものだからだ
----------------------------------------------------------------------------------------
....そうだ。
http://chandra.harvard.edu/photo/2005/d316/

そう言われてみれば、そう見えるような。まるっぽい紫猫ですな。細い奴でも太い奴でもなさそう。

|

« ハイパーテキストという「弱い紐帯」 | トップページ | 今時のグローバルスタンダード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫型天体....らしい:

« ハイパーテキストという「弱い紐帯」 | トップページ | 今時のグローバルスタンダード »