« 縦書きブログ | トップページ | Microsoft Office とイノベーションのジレンマ »

2005/11/01

FTRON@nifty終了

10月31日をもってFTRON@niftyが終了した。とりあえずお疲れ様でした。

私は1996年ぐらいにパソ通始めたから、大体8年半ぐらいなんだかんだ言って見てることになるのか。

FPMCがSPMCになったりならなかったりの頃だったかな。まだギリギリ坂村先生が直接nifty掲示板に投稿してたか辞めたかぐらいの頃だったような。

ワタシがニフティ始めたころは、まだ9600ボーとか14400bpsの超高速通信(笑)が始まった頃でしたね。
えーと、0.1メガの超高速通信。文字がカクカク表示されない驚きの速さ。

……なんのことか意味わかんないですかね。2400bps(0.02メガ)だとテキストダウンロードが2,3行づつだったりしたんですよね。

しかもプロバイダの壁を越える、インターネットメール開始!!
まだまだインターネットってナニ?みたいな感じでしたね。日本語のコンテンツというとフランキーオンラインがポツーンとあるくらいで、あとは全部UNIXの技術文書みたいな。

なんたってインターネットエクスプローラ2.0なんて、テーブルタグが表示できない時代でしたからね。

そんな当時、BTRONといえば、確かにDOSやマックのテキストブラウザに比べると貧弱な通信環境だったけど、ことテキストとして落としてしまった後は実身・仮身が超便利だったんですよね。

あれで、BTRONすごいってのは思いました。色々制限も多かったですが。
今でもテキストオンリーなら、かなりいいとこ行ってると思います。

TAD通信とかも、今みたいに標準的画像形式が重すぎて落とせない当時としては画期的に便利でしたね。
フルカラーJPEGなんて、一枚見るのに5分とか平気でかかりましたからね。

そんなこんなで1999年ぐらいまでは、まだそれでも無手順テキストオンリーでもそこそこいけましたけど、21世紀に入ってブロードバンドになってしまうと、さすがに超漢字でインターネットというのは色々不便で。HTTPSがBBBじゃ通らないし。

時代の流れと言ってしまえばそれまでですけど、でも話題みたいなのは会議室ごとにまとまっていて便利でしたし、あれって全くもってSNSだよな、と思うと何だかなと思う。

そんなネットに参加するきっかけを与えてくれたFTRON@niftyに感謝しつつ、今日のところはこの辺で。

|

« 縦書きブログ | トップページ | Microsoft Office とイノベーションのジレンマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FTRON@nifty終了:

« 縦書きブログ | トップページ | Microsoft Office とイノベーションのジレンマ »