« 律速(りっそく) | トップページ | えふとろんの値段 »

2005/10/30

グーグルゾン

Web2.0って話が出てきてから早や何年だっけ?

「日経ビジネス(2005.10.31)」P39にGooglezon http://probe.jp/EPIC2014/ ってのが載っていた。

ま た 日 経 ネ タ か。と書いてるヒトも思ってはいるのよ、うん。釣られてるよね。

で、アマゾンとグーグルが合体してグーグルゾンっていうのも何だかねえ。
仮面ライダーみたいなネーミングだなこれが。

ま、ジェフ・ベゾスの父親はDARPAの立ち上げにかかわったって言うし、アマゾンはなるべくしてインターネットを舞台にしたような気はしますな。


ウェブサービス、メタデータ、RSS、セマンテックウェブ、AJAXといった技術や概念を基盤とし、さまざまなウェブアプリケーションが繋がり連係することで成立するいわゆる「Web 2.0」っていうのも、HTMLとかXMLとかの共通データ基盤があればこそなんで、TRONでいうところのTADとTULSと言ってることはそう大して変わらない。

データ中心主義アプローチやね。データモデルはなに使うのかはさておき。

ネットスケープ・ワン、マイクロソフトのドットネット、IBMのワークプレイス、グーグルゾン。で、ユビキタスTAD。
こう並べてみても、そんなに大した違いは感じない。

パソコンの進化?過程が単なる汎用機の焼き直しみたいなものであるのと同様、ネットワーク環境の「進化」も似たようなもんじゃないのか。

人間、見たことのないものはやっぱり思いつけないものなのよ。
SFの中ににMTRONを見てしまったのが運のツキやね。

|

« 律速(りっそく) | トップページ | えふとろんの値段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/6763212

この記事へのトラックバック一覧です: グーグルゾン:

» グーグルとアマゾンが一緒になる!? [天道商会 4000人乗り豪華客船のオーナーへの道]
先週の金曜日の日経ビジネスに面白い記事があった。 「グーグルとアマゾン ネット消費の真の支配者」と タイトルされた記事だ。 中に紹介されているもので、面白いフラッシュムービーがあったので 時間のある人は是非一度見てもらいたい。 EPIC2014 少し古い情報... [続きを読む]

受信: 2005/10/31 00:19

« 律速(りっそく) | トップページ | えふとろんの値段 »