« 日本の群像・再起への20年第4回 極小コンピューター 技術者たちの攻防 | トップページ | 新世代BTRONはGoogle OSか? »

2005/08/12

ゴルフにユビキタス

http://www.nec.co.jp/press/ja/0508/0405.html
「NEC軽井沢72」でGPSを活用した選手・ボールの位置やブログ、映像コンテンツなどを組み合わせた情報サービスを提供

携帯情報端末(PDA)「Poket@i(ポケットアイ)」でボールの位置情報、フェアウェイ・バンカー・ウォーターハザードなどを入力することで、ボールの落下地点の状況を把握することができる。

選手の現在位置、ボールの位置・軌跡情報・落下地点の状況、お目当ての選手がプレーしている場所までの道案内(経路情報)などを地図とともに表示可能としている。

私ゃてっきりゴルフボールの中にICチップを入れて、打ったら自動追跡、スコアも自動記録、カップにボールが入ったら全員にメール送信、ズルしたらすぐわかる、ってシステムが出来たとばっかり思ったのに。

去年イチローがヒット打つたび特別なボールを使ってたけど、あれもRFIDを入れればよかったのに。
サッカーボールとかもRFIDと位置計測でゴールしたかどうか判定とか。

これからは、スポーツもユビキタス。とりあえず言ってみただけ。

|

« 日本の群像・再起への20年第4回 極小コンピューター 技術者たちの攻防 | トップページ | 新世代BTRONはGoogle OSか? »

コメント

やっぱり皆考えることは同じですね。

投稿: halftable | 2005/08/18 21:32

2006年のドイツ・ワールドカップでは、
ボールにICタグが埋め込まれる予定だそうです。

投稿: 堤靖彦 | 2005/08/18 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフにユビキタス:

« 日本の群像・再起への20年第4回 極小コンピューター 技術者たちの攻防 | トップページ | 新世代BTRONはGoogle OSか? »