« OSにもっと自由を! | トップページ | ゴルフにユビキタス »

2005/08/10

日本の群像・再起への20年第4回 極小コンピューター 技術者たちの攻防

かつて、坂村先生は「やがてコンピュータはタダに限りなく近づく」って言ってましたね。

さて、

http://richard-wong.cocolog-nifty.com/tron/2005/06/post_7d24.html
日本の群像 再起への20年 第4回
のエントリーから随分と放送日程が変わったみたいですね。

http://www.nhk.or.jp/special/topics/top2_0503a.html
2005年8月28日(日)午後9時

NHKスペシャル・日本の群像・再起への20年

第4回 極小コンピューター 技術者たちの攻防
(ICタグ;トロンを開発した東京大学・坂村健教授出演)

3回目が日産のゴーンさんの話だったので少し見てみたんですが、これを45分でっていうのは無理だろうと思った。
3時間ぐらいかけて放送しないと素材がもったいなくないか?という感じがひしひしとしてました。


つーことで、内容の予告なんですけど、

日本は、パソコン市場での失敗を教訓に、省庁やメーカーがプロジェクトを組んで、標準化に取り組んでいる。

提携による標準化運動は盛んですけど……。

その切り札となるのは、95年以降存在感を増した、ISO(国際標準化機構)で、日本の提案を認めてもらうことである。

OSIって過去のものになったんだなあ。ま、95年以降の話ということで。
でも、ISOというよりは、英国規格協会(BSI)が9000や14000やBS7799で上手く立ち回ったことの後追いというか2番煎じのような気がしないでもない。


なぜトロンは挫折したのか。

おいおい。

グローバル化で激しさを増す技術競争を生き抜く鍵は何なのか。

さあねえ。

トロン敗北の経緯とICタグを巡る世界標準化の攻防を追い、21世紀の日本の技術戦略を探る。

オイオイ、なんか不安になってきたぞ。大丈夫かーNHK。

|

« OSにもっと自由を! | トップページ | ゴルフにユビキタス »

コメント

>かつての某UNICODE騒動風味

言われてみれば!
あー、そうかも。なんか腑に落ちるものがあるなあ。

投稿: halftable | 2005/08/11 21:19

売国歪曲自虐放送局ですからねぇ。

最近とみに『演出』過剰になっているような気はしますね。国営と公営と民間に三分割してしまえ!って感じかな。(例:総合は民営、教育は国営、衛星は公営とか)

投稿: リチャード・王 | 2005/08/11 10:03

ISOのRFID規格って、かつての某UNICODE騒動風味になって来てた記憶が…(^^;

投稿: nya | 2005/08/10 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の群像・再起への20年第4回 極小コンピューター 技術者たちの攻防:

« OSにもっと自由を! | トップページ | ゴルフにユビキタス »