« フリー教科書 ウィキブックス | トップページ | ネットの検閲先進国 »

2005/07/31

社内ブログ

http://blogs.itmedia.co.jp/pina/2005/06/post_8710.html
社内ブログは新しい社内コミュニケーションツールになるか?
 の裏話ということで、導入した社員側からのお話。


社内ブログ導入記 江島健太郎
http://blog.japan.cnet.com/kenn/archives/002189.html
http://blog.japan.cnet.com/kenn/archives/002196.html
http://blog.japan.cnet.com/kenn/archives/002207.html

イントラブログよりもフツーにSNSでいいじゃんと言う気がしますが、その辺は導入を決定したタイミングとかもあるでしょうね。
実際、後の方でSNSでも大体OKみたいなこと言ってるし。


50人程度の会社でもメール中心のコミュニケーションに限界を感じるというのはIT企業だからメールが多いだろうということを考えたとしても、なんとなく見当つくような。メーリングリスト400人まで説というのもどこかで見たような。
もー、ホントに同じような内容の改訂版が一日に3回ぐらい再送されてくると一体どれが正しいんだ!!とかキレそうになるし。

ブログを導入するというのはメールや掲示板の不足を補うという、いわばワイガヤ的な「アイデアプール」の役割を自然に行いたいってのがあるでしょね。あとは、ブログならメーリングリストより多人数と情報が共有しやすいっていうのもあるかも。

グーグルで検索すれば見つかるじゃんということよりも、興味があったことをメモして組織内で共有しておくことの方が、いざという時重要だったり。

社内ブログの要諦は「認証」っていうことで、この記事内ではとりあえずクッキーを採用してますけど、イントラネット用の各種サーバをVPNで透過的に接続してアウトソースしますよ、というようなアプローチのサービスが今後SNSの発展形になるんでしょうか。

ついでに、目的型CMSサービスって出来ないもんかなあ。

団体旅行管理向けCMSとか、会社引越し向けCMSとか、冠婚葬祭準備CMSとか、住宅購入までCMSとか。
CMSが丸々目的指向テンプレートになってる、みたいな。

それはさておき、

ムードメイカーはノン・テッキーな女性陣であるということであるけれど、たいていの場合テッキーな男がおしゃべりの量と質で女性にかなうわけないんであって。その辺は重要かも。
実際問題として、ヒエラルキーによらない職場人間関係の急所を握っているのは、総務やアルバイトのオネーサンだったりするし。


モデレータである私自身は初速をつけるために必死に動いて、キーになりそうなメンバーを一人一人直接勧誘してまわったり、他人のブログにコメントをつけてまわったりしたのは言うまでもありません。

ってありますけど初速は重要ですよね。疾(はや)きこと風の如く、侵(おか)し掠(かす)めること火の如くってなもんで。
逆にここでコケたら取り戻すのは難しいでしょうね。


しかし、これ凄いなあ。

まずは完全手放しで運用してみて、みんなで空気を読みながらポリシーをブラッシュアップしていくって方針は普通よほどトップの理解がないと取れないよな。

(Q)社外秘のことは書いちゃダメでしょ? (A)社外秘のことを書くのも恐れないというのが、運用上、重大なポイントです。

ワイガヤは日本的性善説に基づいたものだってのもどこかで見たような気がしますが、その辺は日本の比較優位になるのかしらん。

やっぱり、どこまで「書いてよろしいのか」っていうのが曖昧なのが情報共有というか、ナレッジマネジメントの大きな制約のひとつになっているとは思わざるを得ないわけで。

http://blog.japan.cnet.com/kondo/archives/002240.html
「情報の私物化の禁止」、「情報の取捨選択は閲覧者が行う」といった原則を継続的に徹底
……することですかねえ。むーん。

その辺も社内ブログやイントラSNSの課題なんでしょうね。ではまた。

|

« フリー教科書 ウィキブックス | トップページ | ネットの検閲先進国 »

コメント

パソ通BBSは話題が良くまとまっていて便利だったですね。

ま、社内イントラに書き込む奇特な人はフツーいませんからねえ。

投稿: halftable | 2005/08/02 22:13

いやいや、そこんところは一通り経験してます(10年は伊達じゃない?(^^;)が、現象的にはパソコン通信とまったく同じですかな。母集団の違いとツールの違いで違う様相みたいに見えますけど。

まあ昔は一部の専門家?がやっていただけなのが一般化しているということなんでしょうが、実は本当にこなせるのは一部の人なのを忘れないのが肝要かと。ツールと蓄積されたノウハウで一見同じようなことができるような気がしますが、大抵は気のせいですので(笑)

投稿: リチャード・王 | 2005/08/01 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社内ブログ:

« フリー教科書 ウィキブックス | トップページ | ネットの検閲先進国 »