« ナビカラ | トップページ | ブログ資本主義@週刊東洋経済 »

2005/07/23

激震!!「ウィンドウズ・ビスタ」

リンク: @nifty:NEWS@nifty:米マイクロソフト、次世代OS名称を「ウィンドウズ・ビスタ」に決定(ロイター).

 「ウインドウズ・ビスタ」はこれまで、開発コード名で「ロングホーン」と呼ばれていた。一般販売に先駆け、β版(テスト版)も近々リリースされることになっている。

ま、名前が決まったというだけですが。

http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/07/22/010.html
「Longhorn」改め「Windows Vista」、次世代Windowsの正式名称が発表

「WinFX」と呼ばれる新しいAPI体系を導入し、統合プレゼンテーションエンジン「Avalon」、通信モジュールの「Indigo」、ファイルシステムを司る「WinFS」という3種類のコアコンポーネントを搭載する。

正直言って、WinFS以外はあんまり興味ないというか。
どうせ、ハードを買いかえる必要があるだろうし、しばらくスルーの予感。


どっちかというと、Entier(アンティエ)のほうが気になるかな。
前に出ていたフィンランドのDBはどうなったんだろう。

http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20085556,00.htm
日立と日立ソフト、カーナビなど組み込み製品向けのデータベースを開発

プレスリリース:
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2005/07/0720c.html
カーナビなどのユビキタス情報機器向けに、コンパクトで高機能な組込み型データベースを製品化

entierはフランス語で全体のという意味の形容詞なんだそうです。


対応OSは、
T-Kernel
iTRON
VxWorks
Windows CE
Linux

T-Engineを使ったデモ。

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/embedded/esec05/esec01.html
競合ひしめく組み込み向けデータベース

この分野にこれから参入しようとしている日立製作所は、「HiRDB Embedded Database Entier」を参考出展。

会場では、PDA上でインクリメンタルサーチや地図を表示して半径xメートル以内の飲食店、設定した経路沿いにあるコンビニの表示といった機能を試すことができた。

関東の皆さんお怪我はありませんか?それではまた。


|

« ナビカラ | トップページ | ブログ資本主義@週刊東洋経済 »

コメント

未だにスルーしてるというか、まだXPを選択しそうな俺がいる。

投稿: halftable | 2008/06/14 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激震!!「ウィンドウズ・ビスタ」:

« ナビカラ | トップページ | ブログ資本主義@週刊東洋経済 »