« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

社内ブログ

http://blogs.itmedia.co.jp/pina/2005/06/post_8710.html
社内ブログは新しい社内コミュニケーションツールになるか?
 の裏話ということで、導入した社員側からのお話。


社内ブログ導入記 江島健太郎
http://blog.japan.cnet.com/kenn/archives/002189.html
http://blog.japan.cnet.com/kenn/archives/002196.html
http://blog.japan.cnet.com/kenn/archives/002207.html

イントラブログよりもフツーにSNSでいいじゃんと言う気がしますが、その辺は導入を決定したタイミングとかもあるでしょうね。
実際、後の方でSNSでも大体OKみたいなこと言ってるし。


50人程度の会社でもメール中心のコミュニケーションに限界を感じるというのはIT企業だからメールが多いだろうということを考えたとしても、なんとなく見当つくような。メーリングリスト400人まで説というのもどこかで見たような。
もー、ホントに同じような内容の改訂版が一日に3回ぐらい再送されてくると一体どれが正しいんだ!!とかキレそうになるし。

ブログを導入するというのはメールや掲示板の不足を補うという、いわばワイガヤ的な「アイデアプール」の役割を自然に行いたいってのがあるでしょね。あとは、ブログならメーリングリストより多人数と情報が共有しやすいっていうのもあるかも。

グーグルで検索すれば見つかるじゃんということよりも、興味があったことをメモして組織内で共有しておくことの方が、いざという時重要だったり。

社内ブログの要諦は「認証」っていうことで、この記事内ではとりあえずクッキーを採用してますけど、イントラネット用の各種サーバをVPNで透過的に接続してアウトソースしますよ、というようなアプローチのサービスが今後SNSの発展形になるんでしょうか。

ついでに、目的型CMSサービスって出来ないもんかなあ。

団体旅行管理向けCMSとか、会社引越し向けCMSとか、冠婚葬祭準備CMSとか、住宅購入までCMSとか。
CMSが丸々目的指向テンプレートになってる、みたいな。

それはさておき、

ムードメイカーはノン・テッキーな女性陣であるということであるけれど、たいていの場合テッキーな男がおしゃべりの量と質で女性にかなうわけないんであって。その辺は重要かも。
実際問題として、ヒエラルキーによらない職場人間関係の急所を握っているのは、総務やアルバイトのオネーサンだったりするし。


モデレータである私自身は初速をつけるために必死に動いて、キーになりそうなメンバーを一人一人直接勧誘してまわったり、他人のブログにコメントをつけてまわったりしたのは言うまでもありません。

ってありますけど初速は重要ですよね。疾(はや)きこと風の如く、侵(おか)し掠(かす)めること火の如くってなもんで。
逆にここでコケたら取り戻すのは難しいでしょうね。


しかし、これ凄いなあ。

まずは完全手放しで運用してみて、みんなで空気を読みながらポリシーをブラッシュアップしていくって方針は普通よほどトップの理解がないと取れないよな。

(Q)社外秘のことは書いちゃダメでしょ? (A)社外秘のことを書くのも恐れないというのが、運用上、重大なポイントです。

ワイガヤは日本的性善説に基づいたものだってのもどこかで見たような気がしますが、その辺は日本の比較優位になるのかしらん。

やっぱり、どこまで「書いてよろしいのか」っていうのが曖昧なのが情報共有というか、ナレッジマネジメントの大きな制約のひとつになっているとは思わざるを得ないわけで。

http://blog.japan.cnet.com/kondo/archives/002240.html
「情報の私物化の禁止」、「情報の取捨選択は閲覧者が行う」といった原則を継続的に徹底
……することですかねえ。むーん。

その辺も社内ブログやイントラSNSの課題なんでしょうね。ではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フリー教科書 ウィキブックス

フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』ですか。一年ぐらい前に日本語版が出来たみたいですね。
知りませんでした。

まじめにやってくと、もめそうといえばもめそうだなあ。
画面上の漢字が「間違ってる」とか。地理とか歴史とか。

まだまだ、見出しがほとんどという感じですが。

ということでトロンの項目がないですね。

http://www.chart.co.jp/chartbooks/13845.html
大人のための「情報」教科書 坂村 健

http://www.data-house.co.jp/book/tron.html
TRONの教科書~超漢字4システム入門~Ipusiron


フリー参考書『ウィキリファレンス』とかも出来たりして。
これを使って東大に合格できたらドラゴン桜(<結局見てないなあ)で紹介するといいかも。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/29

スイカ・エディ・フェリカ

2005年7月29日 読売新聞朝刊の1面によると首都圏の電車もバスもみんなSuicaになるぞってことなんだそうで。

その手の記事では、たいていの場合JRのSuica対ビットワレットのEdyでどっちが勝つか?みたいな方向になってるんですけど、どっちもSonyのFelicaを使ってることに変わりないわけで。

なんでまた、対立構図を盛り上げなきゃいかんのですかね。

その辺マジでわからないのですが……。理由をご存知の方がいらっしゃいましたらご教示ください。


たーらーこたーらーこ、たーっぷりたーらーこ。どうしてもたらこのことが頭から離れない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/28

神戸実証実験における一般モニターの公募

ということで今日から受付。人数的には狭き門って感じですね。


http://www.jiritsu-project.jp/kobe/monitor/index.html
神戸実証実験における一般モニターの公募について

実験では、神戸市内の鉄道、道路、港湾エリアにおいて、情報ターミナルに接続することにより周辺地図をダウンロードしたり、店舗や施設に貼られたICタグにかざすことによって提供される店舗・施設情報、観光情報およびそれらと連動した経路案内等を音声や画像によってご体験いただけます。

モニターになられた方は、簡単な操作説明をお聞きいただいた後、実験エリアを1時間30分程度ご体験いただき、最後に簡単なヒアリング調査に答えていただきます。

□実施期間:
第一期: 平成17年8月24日(水)~平成17年9月22日(木)
視覚に障がいのある方を募集します

第二期: 平成17年9月下旬から1ヶ月程度(予定)
視覚に障がいのある方や車いすを使用する等障がいのある方、外国の方を募集します

第三期: 平成17年10月下旬から1ヵ月半程度(予定)
どなたでもお申し込みいただけます


□応募期間: 平成17年7月28日(木)~平成17年8月9日(火)

Webからの申し込みはこちらから。
http://www.jiritsu-project.jp/kobe/monitor/kiyaku_f.html

「自律的移動支援プロジェクト」
http://www.jiritsu-project.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「電波ポスター」ピーポルタ

リンク: @nifty:NEWS@nifty:[新製品]DNP、情報配信システム「電波ポスター」用新型端末を開発(BCN).


http://www.dnp.co.jp/jis/news/2005/050727.html
ICタグやケータイをポスターにかざすと電子メールを自動着信
大日本印刷 情報配信システム『電波ポスター』用新型端末『PiPorta』開発

なんか、冷蔵庫みたい。実物はどうなんでしょう。

続きを読む "「電波ポスター」ピーポルタ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/27

アノトペン・スリム

http://richard-wong.cocolog-nifty.com/tron/2005/02/post_4.html
ペンがコンピューターなのだ
 でちょっと気になっていたアノトペンがアップグレードした模様。

アノトペンがスリムに
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0507/25/news082.html

ニュースリリース
http://www.maxell.co.jp/company/news/2005/050725.html
よりスリムで使いやすくなった
デジタルペンのニューモデル「DP-201」の出荷を開始

ちょっと太いのが気になるって話はそこかしこで見てたんですが、実物触ったこと無いからなあ。

なんか、ビシッとくる用途が見つかればいいとこ行きそうな気はするんですけど。
データベース入力の連携なんかはよさそうな感じはするけど。定型様式にマークして、ペンをペン立てにさすと入力終了、みたいな。

ほかにも、こんなのが。
ぺんてる「airpen」
http://www.airpen.jp/index.html


学習リモコンのエントリーで言ってたワコムのスーパースリムペンも気になる。

それでは今日はこんなとこで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/25

ブログ資本主義@週刊東洋経済

「妖怪がインターネットを徘徊している、ブログ資本主義の妖怪が」

というわけで、週刊東洋経済 2005年7月30日号 (2005年7月25日発売)が何とブログ特集。

結構取材してるのか、ブレーンがいるのか、経済紙にしては旬な内容ですな。

ブログ資本主義
アンダー30歳 U30への世代ワープがはじまった!

大学生の時、インターネットにガツンとハマッた人が今ノリノリということで、ここだけ読むと週刊アスキーかなんかみたい。

次はWikiだ、とかロングテールがどうだとか普段と若干ノリが違う感じ。

http://www.shinchosha.co.jp/foresight/web_kikaku/u103.html
ネット世界で利益を稼ぐ「ロングテール現象」とは何か

百貨店ブログの次は、首長のブログというのも流行ったりするのでしょうかね。どっかみたいに炎上しない対策というのも必要だよなー。

「愛知県大口町」がTypePadを使う理由
http://www.sixapart.jp/business/npo/01005.html

みんなで歌おうゲゲゲのゲ。あー暑い。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/07/23

激震!!「ウィンドウズ・ビスタ」

リンク: @nifty:NEWS@nifty:米マイクロソフト、次世代OS名称を「ウィンドウズ・ビスタ」に決定(ロイター).

 「ウインドウズ・ビスタ」はこれまで、開発コード名で「ロングホーン」と呼ばれていた。一般販売に先駆け、β版(テスト版)も近々リリースされることになっている。

ま、名前が決まったというだけですが。

http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/07/22/010.html
「Longhorn」改め「Windows Vista」、次世代Windowsの正式名称が発表

「WinFX」と呼ばれる新しいAPI体系を導入し、統合プレゼンテーションエンジン「Avalon」、通信モジュールの「Indigo」、ファイルシステムを司る「WinFS」という3種類のコアコンポーネントを搭載する。

正直言って、WinFS以外はあんまり興味ないというか。
どうせ、ハードを買いかえる必要があるだろうし、しばらくスルーの予感。


どっちかというと、Entier(アンティエ)のほうが気になるかな。
前に出ていたフィンランドのDBはどうなったんだろう。

http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20085556,00.htm
日立と日立ソフト、カーナビなど組み込み製品向けのデータベースを開発

プレスリリース:
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2005/07/0720c.html
カーナビなどのユビキタス情報機器向けに、コンパクトで高機能な組込み型データベースを製品化

entierはフランス語で全体のという意味の形容詞なんだそうです。


対応OSは、
T-Kernel
iTRON
VxWorks
Windows CE
Linux

T-Engineを使ったデモ。

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/embedded/esec05/esec01.html
競合ひしめく組み込み向けデータベース

この分野にこれから参入しようとしている日立製作所は、「HiRDB Embedded Database Entier」を参考出展。

会場では、PDA上でインクリメンタルサーチや地図を表示して半径xメートル以内の飲食店、設定した経路沿いにあるコンビニの表示といった機能を試すことができた。

関東の皆さんお怪我はありませんか?それではまた。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/22

ナビカラ

何年か振りにカラオケに行った。
若者とのジェネレーション・ギャップを感じた。

それはさておき。

曲数が10万曲とか、凄いですね。本が異常に厚いんですけど。
こうなると、グーグル・カラオケとかカラオケ用XMLやユビキタスカラオケTRON(お約束)が必要なんじゃないかと思ったりする。

まあ、似たようなことを考える人はいるもので、「ナビカラ」なんて業務用端末があった。

http://www.bmb.co.jp/products/uga/uga_360navi.html

「ナビカラ」は、Bluetooth(ブルートゥース)による双方向無線通信方式でUGAといつでもリアルタイムで情報共有。

見やすく使いやすい7.4インチ大型カラー液晶画面でらくらく楽曲検索。

スタイラスペンを使えばさらにすばやく検索できます。

これにキーボードが付いてると、一昔前のパソコンって感じ。

ペンやタッチパネルは使いやすいと思います。
でも、紙の本のほうが探しやすいですね。やっぱり。

私、原田知世がデビューした日に生まれたんですよ、ってゆうか原田知世って誰ですか?
松田聖子って、ああ、SAYAKAのお母さん。歌も歌うんですか?

…………、これが…………若さか…………ッ。

ではまた。

てゆうか、俺の頭の中でこのクソ忙しい中、フラッシュ映像付きでマイヤヒー マイヤフー マイヤホー マイヤハッハー♪ とかリピートで歌う人を何とかしたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/21

星界の断章

TRONの文字コードに最初に登録された架空文字のアース文字をお使いになる星間種族のお話の外伝と超外伝(^^;)のセット本(短編集)です。あんまり熱心な信者でないので読み洩らした話とかがあったので面白かったです。

別次元の話の超外伝がフォントが違っているのが親切設計?

最近現実の国家の話に少し詳しくなったんで、元ネタが判るような気がして、より楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

ユーティリティー・マルティクス

個人情報保護法とニコラス・カーのIT Doesn't Matterの影響か何だかでユーティリティー・コンピューティングが復活と言うか再び注目を集めている。
ユーティリティと言っても、成田美名子の「みき&ユーティ」シリーズのことではない(<古)。

復活?90年代のThin Clientの流行のこと?

いや、もっとずっと昔の話。

スローン・テクノロジーシリーズの抄訳本「コンピュータ200年史」によると、計算機資源を電気や水道のような公共事業(ユーティリティ)のように供給する概念が最初に出てきたのは、今から40年程前、1964年のMITであるとしている。

1964年のMITと言えば、MACプロジェクト。MACプロジェクトと言えば、そうMulticsである。例のUNIXの先祖として知られるアレだ。

続きを読む "ユーティリティー・マルティクス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/16

マイクロスクリプトの応用

BTRONにはマイクロスクリプトというビジュアルベーシックのような簡易プログラミング言語が存在する。

http://www.personal-media.co.jp/book/tron/160_con.html
マイクロスクリプト入門

第3編 マイクロスクリプトの応用に、エスカローナというサンプルプログラミングがある。

第13章 ゲームを作ろう 13.1 エスカローナの舞台・役者 13.2 エスカローナの台本 13.3 エスカローナの拡張

エスカローナというのは、カップの中にボールを入れてぐるぐるカップを入れ換えてどのにボールが入っているかどうか当てるゲームだ。

どういうゲームか文章ではわかりにくいって?

では、実際に見てもらったほうが早いだろう。


まず、こちらのページを開いてみて、スタートボタンを押していただきたい。
    ↓
http://www.concentrationtest.com/ver2.html


だいたいの雰囲気がわかっていただけただろうか。

このように、マイクロスクリプト入門には楽しいサンプルプログラムがいっぱい詰まっている。
アイデア次第でもっと面白くすることもできるだろう。

楽しく勉強して、有用なプログラムをたくさん作って欲しい。

それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/15

「Googleローカル」と「Googleマップ」と「場所コード」

リンク: @nifty:NEWS@nifty:[WEB]グーグル、「Googleローカル」と「Googleマップ」を日本でも提供開始(BCN).

グーグルは7月14日、「Googleローカル」と「Googleマップ」の日本での提供を開始した。

実は、「Googleマップ」と「場所コード」が密接な関係の下に開発されているのは意外と知られていない。

なぜなら……、

おっと、「場所コード」の説明がまだだったね。

http://www.prop.or.jp/clip/2005_1/050217kanchosokuho.htm
場所の「整理番号」導入へ ー国交省


衛星写真や航空写真を利用した地図ソフト「Google Earth」の画像と連動するサービスで、「Google Earth」の衛星写真画像や地図の上に、検索した地域情報を重ねて表示するといったことが可能となっている。

http://www.kumikomi.net/article/news/2005/02/15_01.html
国土交通省の「自律移動支援プロジェクト」実証実験で,ユビキタスIDセンターのコード体系を採用

場所コードは、膨大な数字の組み合わせにより、緯度、経度、標高などに加え、場所の管理者などの関連情報を示すことができる仕組みとする。

 場所コードは、一つの番号でおよそ三センチ四方の場所を示すように設定する方針。視覚障害者らがスムーズに移動するためには、三センチ程度に細分化された位置情報が必要という。


 「Googleローカル」は、日本全国のビジネスデータと80億以上のWebページを収録したインデックスの情報の中から、検索キーワードに該当する企業やサービスなどの情報を、ユーザーが指定した地域に絞って表示する地域検索サービス。

http://uenishi01.at.infoseek.co.jp/p500mirai.html
未来指向の三角点

 「Googleマップ」は、一般の地図サービスのような平面地図または「Google Earth」の衛星写真画像を使った地図を表示するサービス。拡大や縮小の操作が簡単で、マウスでドラッグするだけで見ている場所を変えることができる。

http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/15/150210/02.pdf
記者発表

http://www.jice.or.jp/jice_report/pdf07/jice_rpt07_06.pdf
[PDF] 藤本繁雄 はじめに いつでも、どこでも、だれでも

……、ウソに決まってるじゃないか。

この調子で、オンラインゲームのダンジョンにも位置コードを振ると、その情報が売れるかもしれん。

1Bの頃に、地図と実身/仮身を融合するソフト、今で言うGISみたいなのを売り出すって話があったよなあ(遠い目)。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/14

ゆびツメ

レーザーでつめに情報記録 徳島大開発、カード代わりに

ゆびきたす生体データ・ストレージ(^^;

p.s.両手両足でFD20枚分・・・超漢字なら余裕で入りそうですね(←どうしろと?)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/13

富士通「ユビキタス、Next Stageへ」

ということで、行った人はレポートを提出のこと。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:[イベント]富士通、フォーラム2005「ユビキタス、Next Stageへ」を7月14-15日に開催(BCN).

 「ユビキタスソサエティ」コーナーでは、カラー電子ペーパーを用いて、バス停で広告や時刻表を表示させるシーンを展示。また「ユビキタスコミュニュケータ」と呼ばれる端末と連動させ目的地までの所要時間を計算。タクシーのほうが早ければ、タクシーの手配ができるといった想定シーンも紹介する。

ユビキタス近未来ゾーン
http://forum.fujitsu.com/2005/tokyo/exhibition/demo.html#ub

FUJITSUユビキタスコミュニケータ
富士通の考えるユビキタスコミュニケータ

http://forum.fujitsu.com/2005/tokyo/seminar/date0715.html
7月15日(金曜日)
特別講演 10時30分~11時30分
ユビキタス・コンピューティングの未来
東京大学大学院情報学環 副学環長・教授 坂村 健 氏

| | コメント (1) | トラックバック (0)

曲がるカラー電子ペーパー

富士通が発表した不揮発性の『曲がる』カラー液晶表示板ですが、パッシブのRFで書き換え可能だそうですね。
普及した暁には、突然笑い男のマークとかで書き換えられたりするのはともかく、XXX画像とかで書き換えられたりするのは困りもの?(^^;)昔懐かしい、電話ボックスのピンクチラシとかみたいかな。

認証機能を入れて、隠し画面が見れるとか電子透かしにアクセスキーが入っているとかも面白いでしょうか。
うんと安くなったらポストイットにして欲しいですな。

アルバムとか絵画やポスター、カレンダーの需要はあるのかな?

記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/11

ホストのライブドアWiki

なんかね、最近出典がWikipediaってのを新聞や雑誌なんかで結構見かけるんですけど。ええんかいな?
Wikiもブレイク寸前ってことなんですかね?

半年くらい前に、Wikiもホスティングするとこが出てくるんじゃないの、って話がありましたけど、

2004/12/06
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2004/12/06/5673.html
Wikiの今後はCGIからホスティングへ、WYSIWYGの編集も可能に?

そんな訳で、ライブドアがWiki業界に参入したみたいです。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:[ニュース]ライブドア、「livedoor Wiki」β版サービス提供開始(RBB TODAY).

 ライブドアは7月7日(木)より、「Wiki」の無料サービス『livedoor Wiki(ウィキ)』β版の提供を開始した。

 Wikiは、多人数が参加してホームページそのものを書き換えできるのが特徴のシステム。 「ウィキペディア」のように、参加者が自由に投稿・編集することで、百科事典を作り上げているようなものが例としてあげられる。 大学・企業などの研究機関の共同開発などに向いている、コラボレーション型ホームページ。

もっとも、以前からWikiFarmはあったりしましたし、

最近では@Wiki なんてのも出てきたりしていました。
@WikiはWYSIWYGの編集も可能になってましたし、
Lotus NotesはどこまでBTRONか? でとりあげたJotSpot もWYSIWYGの編集でイケてる感じ。

これは次に大きいのが来るかと思っていたら、ライブドアですか。

まあ、荒らし対策とか、書き込み内容制限対策とかどこまで考えているかはお手並み拝見ってとこですかね。

http://sho.tdiary.net/20030204.html#p05
blogとWikiは個人サイト構築の両輪だ。

http://mojix.org/2005/06/28/232219
ブログはフロー、Wikiはストック

って皆さん上手いこと言いますね。

超漢字でメモ取ってる人は、とてもよく判る感覚なのではないでしょうか。その辺についてはこちらのエントリをご覧下さい。

http://richard-wong.cocolog-nifty.com/tron/2005/02/wikibtron.html
WikiはどこまでBTRONか?

Wikiでリッチテキスト相当のWYSIWYGの編集ができるなら、テキストだけならWiki専用機のほうが超漢字より良いかも。
Wiki専用機、誰か作んねえかな?

blog のつぎはSNSじゃなくて Wiki なのかしら。@niftyどうすんだ?

そんでもって、CMSを取り入れた簡易型ホームページってところから、本格的CMSホスティングが次の流れか?
うーん、大変大変。CMS専用機、誰か作んねえかな?って、それはシン・クライアントのことでは?

シン・クライアントとオフコンは何が違うねん、って話はその内に。そんでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/10

手作りトロンキーボード

キーボードのキー一個一個が自由に配置できるんだそうな。

http://www.ergodex.com/mainpage.htm

http://www.ergodex.com/content.php?id=12
エルゴデックス DX1 Input System

画像:http://www.ergodex.com/images/IMG_0639.jpg


電子ブロックみたい。これでトロンキーボードが余裕で作成できるぜ。

Each DX1 System comes with 25 numbered Keys. The Keys have an adhesive surface that allows them to be firmly attached to the Tray.

25個しかキーが入ってないけどな。

まあ、文字の配列はさておき、キーの物理的な並びが互い違いになっているのは何とかならんものかとは思う。
テンキーや電卓みたいに直列で並べば良いと思うんだが。

というあたりがTRONキーボードのひとつの特徴でもあるけど、目立たない問題のせいかあんまり理解されないですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/08

VACS、パッケージ製品の販売を終了

ただのにっき 2005-07-07(木) を読んでいたらこんな衝撃的な記事が!!


VACS、パッケージ製品の販売を終了

http://www.vacs.co.jp/news/usersama.htm
パッケージ製品販売終了のお知らせ

このたび弊社では個人のお客様向け全パッケージ製品の販売を、平成17年7月14日をもちまして終了することになりましたことをお知らせいたします。

これに伴いまして、これまで実施してまいりました弊社のサポートサービスも、誠に勝手ながら平成17年10月14日をもちましてすべて終了させていただきます。

/.J
VACSがVJEなどの個人向け商品のサポートを終了
http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/07/06/131206&topic=104

パッケージ版だけらしいので、超漢字にはとりあえず影響は無いのだろうとは思うが。
うーん、超漢字版のVJEは今後どうなってしまうのだろうか。

少なくとも、バージョンアップは難しいだろうな。
超漢字5、あやうし?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/07

ニフティ、無料のポッドキャスティング専門サイト開設、配信用ツールも提供(BCN)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:[WEB]ニフティ、無料のポッドキャスティング専門サイト開設、配信用ツールも提供(BCN).

放送と通信の間にでポッドキャスティングについてちょっと喋ったんですが、ニフティでも始めるみたいですね。

http://www.podcastjuice.jp/
「Podcasting Juice」

 ニフティ(古河建純社長)は、ポッドキャスティング専門サイト「Podcasting Juice」を7月7日に開設した。利用料は無料。

 同サイトでは、ポッドキャスティングを始めるために役立つ情報の提供、ラジオ局やアーティストの発信によるポッドキャスティングの番組配信を行う。

さらに、個人のブログで簡単にポッドキャスティングでの音声配信を可能にするツール「Podfeed(ポッドフィード)」を提供する。

ラジオかあ。土曜の夜のFMとかが割と好きだったり。
アヴァンティとか。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/07/06

T-Engineショールーム

なんか、T-Engineのショールームが出来るんだとか。

さっそくCMを考えてみました。ってゆうかまた例の謎のパロディーだし。
ちなみにBGMは:エーゲ海の真珠 です。


組み込みなら気分はすっかり ト・ロ・ン
だけど、できればT-Kernelで開発したい

そんなユビキタスなあなたに
サロン・ティー・エンジン

退屈な開発環境に飽き飽きした

そんな、新鮮なミドルウェアをお求めのあなたに
サロン・ティー・エンジン


教授:き、君、このコードよさそうじゃないか。これで行こうよ。

開発:教授、同業他社が。

教授:急いで離れなさい。

このままではNDAが守れなくなってしまう。
だけど、できればこっそり商談を続けたい。

そんな、オーグメンテッドリアリティなあなたに

サロン・ティー・エンジン


開発者をその気にさせる数々のアイデア

サロン・ティー・エンジン

企業秘密が漏れない完璧なT-Lisence

サロン・ティー・エンジン

Let's Enjoy Make TRON.
開いてて良かった。


たぶん越谷あたりに作るとみた(大嘘)。

サロン・ティー・エンジン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/05

取り逃がした未来

坂村先生とゼロックスPARCというのはある意味切っても切れない関係があるような。

いわく、日本に初めてALTOを紹介した男。
いわく、マーク・ワイザーのユビキタスコンピューティングを広める男(笑)。

BTRONだって、ALTOそしてSTARワークステーションの多大な影響下にあるのは間違いないんで、やっぱり切っても切れない感じ。

という訳で、こんな本を読んだ。

取り逃がした未来―世界初のパソコン発明をふいにしたゼロックスの物語
ダグラス・K.スミス (著), ロバート・C.アレキサンダー (著), 山崎 賢治


内容そのものは

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき
Harvard business school press
クレイトン・クリステンセン (著), 玉田 俊平太, 伊豆原 弓

の副読本にピッタリのビジネス本である。

ビジネス本なので、話が経済だの会社経営だののあたりは気にならずに面白く読めるんだけど、一旦「昔の技術の話」になると訳した?用語の変さが気になって気になって仕方がない。

「真空管」がバキュームチューブだとか「解析機関」が分析エンジンだとか、V.ブッシュのAs We May Thinkが「未来を想う」だったりと激しく読む気と翻訳への信頼感が萎える用語が連発されるのが困りもの。

訳者はMBA取得者でMOT(死語)がどうこうなどとのたまいたいのだそうですが、もっと編集者と相談して翻訳のチェックをするべきだったんじゃないかと。

なお、この手のPARC関連の類書に

未来をつくった人々―ゼロックス・パロアルト研究所とコンピュータエイジの黎明
マイケル ヒルツィック (著), Michael Hiltzik (原著), 鴨澤 眞夫 (翻訳), エビスコム・テック・ラボ (翻訳)

がありまして、こちらはよりALTO開発のあたりを中心にした本であり、その周辺のゼロックス内政治状況などを「取り逃がした未来」を読んで補完するって感じでしょうか。

個人的に印象に残ったのは、現役のタイピストや秘書経験者がALTOを絶賛したけど、事務仕事をしない重役がALTOの価値がわからなかった、というかわかろうとしなかったってあたりですかね。自分の欲しくないもの作っても駄目ってことかな。

それ以上のことは、「イノベーションのジレンマ」のいうとおりってことで。

ALTOの競合プロダクトが機械式タイプライターってあたりに時代を感じますな。

まあ、ベトナム戦争で居心地の悪くなったARPAやMITから西海岸へやってきた人の梁山泊ですからね>PARC。
パロアルト研究所から、インターネットにつながっていく技術が生み出されたのは、どう考えても必然ですね。

さて、パーソナル・コンピューティングという概念を作り出したPARCが、ユビキタス・コンピューティングという、より分散型のパーソナル・コンピューティングである概念を導き出したのはある種の必然であるが、80年代や90年代初頭ではまだ早すぎたのであろう。

しかし「今なら大丈夫」だとPARC初代所長のジョージ・ペイクならずとも誰もが言うだろう。

そんなことでひとつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/04

Space Cube

とりあえず、リンクだけ貼ってお茶を濁しておきます。


Space Cubeって名前が素晴らしい。

http://pcweb.mycom.co.jp/articles/2005/07/01/esec/001.html
組込みシステム開発技術展 - 宇宙向けTeacube「Space Cube」などが展示


組込みシステム開発技術展での公演内容です。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0507/01/news019.html
東大の坂村教授、「ユビキタスの実現には10年が必要」

産学官連携功労者表彰で坂村会長が内閣総理大臣賞を受賞されたそうです。

http://www.congre.co.jp/sangakukan/award.html
内閣総理大臣賞 ◆ ユビキタスコンピューティング技術の研究

2005年6月20日(月) 日刊工業新聞 21面
"今年度の産官学連携功労者表彰総理大臣賞に坂村氏(YRP研所長)内閣府"

JTRONとは違うの?

http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/07/04/012.html
ついにベールを脱いだ米SunのリアルタイムJava

ではまた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/07/03

宇宙戦争

http://www.uchu-sensou.jp/
宇宙戦争
を見てきました。

いやー、スピルバーグにはストーリーなんか要らないという素晴らしい例ですね。
恐怖、そしてスクリーム。悪夢そしてまた悪夢。

ストーリーボードの作り方最高。
スピルバーグの本領発揮。あとは何にも残らないという爽快さ。

9.11後の米国本土がリアルに攻められる悪夢的イメージが圧倒的。
トム・クルーズのキャストと宇宙人のデザインがイマイチかなー。

オチはまあ原作に準じてるってことでひとつ。

ユビキタス……。えーと、んー、宇宙には生命体が遍在してるとかそういうことかな。
TRONだからSFっぽい話ならOKってことで。ではまた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

逆境トロン(予告編)再放送

「逆境とは!?」
「思うようにならない境遇や、不運な境遇のことを言う!!」

昭和59年、トロンを考案したのは一人の日本人学者だった。

東京大学の坂村健。パソコンから家電まであらゆるものを動かせるよう設計した。

「基本ソフトは情報化社会の基盤。空気や水と同じ」と考えた坂村は、トロンの仕様書をなんと全世界のメーカーに無料で公開。

続きを読む "逆境トロン(予告編)再放送"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/07/02

タカラ、竜の子プロ買収

リンク: @nifty:NEWS@nifty:タカラ、竜の子プロ買収(共同通信).


プロダクション I.Gはどうなるんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »