« ワカマルが漫才 | トップページ | 売れる「ドデカPC」、テレビとPCの融合、家庭から »

2005/06/14

旦那がおなちゅうで

先日知り合いの知り合いであるヤングなママさんとお子さんのスポーツ活動について話していたら、


旦那がおなちゅうで有名だったんだけど、最近ご無沙汰なんですよ~。

………………………………。


えーと?


ああ、旦那さんが「同じ中学出身」で、

そのサッカーだかテニスだかで結構いいとこまで行ったんで割と地域では有名だったと。

でも最近は仕事が忙しくてご無沙汰してるらしいと。

あー、そういうことですか。

…………あなたも、会話の端々にジェネレーション・ギャップを感じたことはありませんか?
これからのユビキタス社会ではますます増えていくことでしょう。

あーびっくりした。でわまた。

|

« ワカマルが漫才 | トップページ | 売れる「ドデカPC」、テレビとPCの融合、家庭から »

コメント

歳の離れた兄弟のいる人とかも感じますね。

これが……若さか……。

投稿: halftable | 2005/06/15 22:36

年齢は近いんだけど、家族構成が違う友達と話をすると、ジェネレーションギャップのようなものを感じますよ。
ビンビンに感じすぎて、どこがどう感じたのかいちいち思い出せないくらい・・・。
「あるある」とか「はなまる」とか「いとーけ」ってなによ?栄養学や物理学のTV番組みたいなんだけどさ。

投稿: す☆れれ | 2005/06/15 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旦那がおなちゅうで:

« ワカマルが漫才 | トップページ | 売れる「ドデカPC」、テレビとPCの融合、家庭から »