« セキュリティ対策は「やる気」だ | トップページ | ESEC2005の坂村健講演会 »

2005/06/29

テクノ 森正洋

『「バウハウス」はテクノのふるさと』というのは細野晴臣の言葉であったか。


無印良品の無地で白い磁器のシリーズが昨年から出てきてまして、白無地の食器でモダンデザインですか、ネタ元は柳宗理か森正洋か。はー、モダンデザイン・リバイバル再評価の流行ですなと思っていたんですけど。


先日、森正洋のレトロスペクティブ本であるセラミックスタンダード 森正洋作品集というのが出ていたので買ってみました。
そしたら、無印の食器シリーズは森正洋「本人」のデザインだって書いてあるし。失礼しました。

なんかこーいうパターンが最近多いような。無印への推薦人の一人が深澤直人というのにも2度ビックリ。


もう10年近く前に長崎に行ったとき、出来たばかりの波佐見セラミックパークに連れて行かれたことがありまして、併設のみやげ物コーナーでいろいろ置いてあったのが森正洋の名前を意識した最初でしたかね。

有田焼に押されて、大量生産品で生活雑器中心の波佐見焼は知名度低いですよね。私もセラミックパークに行くまで知らなかったし。

森正洋といえばG型しょうゆ注し。確かGKデザインのキッコーマンしょうゆ注しも同時期ぐらいだったかな。しょうゆ注しの当たり年なわけだ。

というか、一般人の生活スタイルが急激に変化していた傍証のようなものなのだろう。

バウハウスの展示というと、池袋西武に併設されていたセゾン美術館の最期っ屁で、鬼のようにすばらしい展示が連続で企画された時に、分厚いカタログと一緒に見たのを思い出す。


バウハウスというと、機械による大量生産することの肯定、そして、生活に密着したものを作る際にデザインの力を与えたということになるのだろうか。それほど直線的な見方ができるような気はしないが、評価の一面ではあるだろう。

坂村先生がBTRON-CLUBを設立する際、モデルに掲げたのが、やはりバウハウスであったように記憶している。
TRONもまた、生活に密着した大量生産を前提とされる電子機器に、コンピュータ・アーキテクチャというデザインを融合する試みだからであろう。

そして現在、一般人の生活スタイルはユビキタス化していく中で、今後急激に変化していくと思われる。

森正洋のドイツからの凱旋展示をミーハーな気分で皇居の横の国立近代美術館でみたのは3年程前だったか。あまり広くない一室でひっそりと展示されていたような印象がある。

その後、セレクトショップなどで、平めし茶碗がずらっと並んだりしたな。

ドイツの「バウハウス」はテクノのふるさとであった。
それが、普段使いの食器であっても、コンピュータ応用機器であっても基づくところは同じであろう。

セゾン美術館はなくなり、無印良品から出てくるというのも何かの因縁か。

そういえば、TRON当初のイメージも無印良品から発売されるコンピュータという例えだった。


無印良品ワープロって出ないかなあ。ピンチェンジから出すつもりがあったんだろうか。
今となってはわかりませんね。ではまた。

|

« セキュリティ対策は「やる気」だ | トップページ | ESEC2005の坂村健講演会 »

コメント

近所のスーパーでユニバーサル多用深皿をバーゲンで売っていたので思わず購入した。たしかに食べやすいかも。

http://www.design-mori.net/SHOP/05010102.html

投稿: halftable | 2012/03/19 22:03

無印PCかあ。見てみたいような気もしますね。
個人的には、タカラトミーあたりのPCが見てみたいですが。

投稿: halftable | 2008/06/15 21:02

今の値段帯なら無印ノートパソコン、いけそうなんだけどねぇ。

投稿: リチャード・王 | 2008/06/15 14:37

メモ。
http://www.dnp.co.jp/artscape/artreport/it/s_0806.html
森正洋デザインアーカイブ構築プロジェクト
──デザインにおける資産運用モデルの提案

投稿: halftable | 2008/06/14 23:17

森正洋氏(もり・まさひろ=陶磁器デザイナー)11月12日午後2時47分、腎不全のため長崎県佐世保市の病院で死去、77歳。

まだ、若いのになあ。残念です。

投稿: halftable | 2005/11/14 19:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/4761620

この記事へのトラックバック一覧です: テクノ 森正洋:

« セキュリティ対策は「やる気」だ | トップページ | ESEC2005の坂村健講演会 »