« 旦那がおなちゅうで | トップページ | 創刊!週刊DVDつきマガジン T-Engineの達人 »

2005/06/15

売れる「ドデカPC」、テレビとPCの融合、家庭から

リンク: @nifty:NEWS@nifty:[市況]売れる「ドデカPC」、テレビとPCの融合、家庭から(BCN).

ソニー、富士通、NECの各社はともに液晶一体型パソコンの強化を図るとともに、超大画面の「ドデカPC」の投入を進めている。特に富士通は今期、なんと32型という超大画面液晶ディスプレイを使った「一体型パソコン」発売、ユーザーの度肝を抜いた。 レビューなどでいろいろな機械を触ることの多い筆者にして、重さ40kg以上、そして必ず二人で持たなければダメ、という機材は初めて。店頭でのインパクトも「ドデカすぎ」。

店頭で見ていたはずなんですが、DVDレコーダー+モニターだと思ってた。パソコンだったんですね。なんか、B-CASカードスロットも付いてるし。


21インチぐらいまでのヤツは、仕事で使いたい。
この広い画面で、思い切りエクセルに入力したい、アクセスのテーブルのリレーションを思う存分組んでみたいとか思うんですけど(<変?)。

ここまでデカクて画面が異様に明るいと、ちょっと仕事ではどうかなー。つーか、文字情報をハンドリングしないよなー。どう間違っても物理的に事務机に置けないし。ヴィデオ編集とかにはいいかも。

なんというか、もうルックスがいろんな意味でパソコンじゃないよね。デジタルTVTeaCubeでもいいじゃん。

そんな感じ。ではまた。

|

« 旦那がおなちゅうで | トップページ | 創刊!週刊DVDつきマガジン T-Engineの達人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 売れる「ドデカPC」、テレビとPCの融合、家庭から:

« 旦那がおなちゅうで | トップページ | 創刊!週刊DVDつきマガジン T-Engineの達人 »