« NAP(Network Attached Processor) | トップページ | 世界最小15mm角のアクティブ電子タグ「Dice」の開発に成功 »

2005/04/26

マイクロソフトとSAP、ソフトウエアを共同開発

アドビとマクロメディアの次はこれかい。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:マイクロソフトとSAP、ソフトウエアを共同開発(ロイター).

米ソフトウエア大手のマイクロソフトと独ソフトウエア大手のSAPは26日、両社の業務用ソフトウエアを一体化する新製品(コードネーム「メンドシノ」)を共同開発している、と発表した。


仲悪いんじゃなかったのか。

マイクロソフトとSAP、共同で新製品開発へ
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20083180,00.htm

 今秋発売予定の新製品は、マイクロソフトの表計算ソフト「エクセル」や電子メール・カレンダー機能を備えた「アウトルック」を統合したパソコン向け応用ソフト「オフィス」シリーズと、SAPの統合基幹業務システム(ERP)ソフト「マイSAP」を統合させるもの。

マイクロソフト製のパソコン向けソフトに慣れている利用者が、SAPの事務用システムから、予算管理、支出管理、在庫管理などのデータを引き出して操作することができるようにするのが狙いだ。

 例えば、「アウトルック」に予定の変更を入力すると、自動的にSAPの時間管理システムにも反映されるようになる。

ERPソフトといえば「チェンジ・ザ・ルール」エリヤフ・ゴールドラットはなかなか面白かった。

http://www.peoplesoft.co.jp/jp/jp/ent_strat/articles/eli_goldratt.jsp
エリヤフ・ゴールドラット氏が語る「実行可能なビジョン」-「簡潔さ」と「複雑さ」と「制約理論」

1.コンピュータシステムの真のパワーとは何か?
2.コンピュータシステムを用いると、どのような限界が取り除かれるのか?
3.これまでの限界に対応していた古いルールとは何か?
4.どのような新しいルールを用いればいいのか?
5.ルールの変化に合わせて、コンピュータシステムにどのような変化が求められるのか?
6.いかに変化を起こすのか?

まだまだ、「パソコン」で「紙」を作ってるレベルから抜け出せていないのが、「ユビキタス」社会に行きつかない理由かもしれず。

そんなことを読んでみて思ったりした。しかし、ERPソフトも苦しい業界なんだな。

|

« NAP(Network Attached Processor) | トップページ | 世界最小15mm角のアクティブ電子タグ「Dice」の開発に成功 »

コメント

PDFよりは、ゼロックスのドキュワークスのほうが好きなんですが。

ユビキタスTADはXMLベースだからたぶん互換が取れるでしょうと強がってみるテスト。

投稿: halftable | 2005/04/27 21:30

何だかMSは、MS、PDF対抗の文書フォーマット「Metro」を披露とか言ってますが…。

え~TAD的には、再編集性は維持されるんですか?
(OpenOffice.org のデータフォーマットとかも有るんですが)

投稿: nya | 2005/04/27 20:05

元々会社の業務なんて標準化と程遠いですからね(--;)
会社毎にもかなり違うし。TRONみたいに零細、中小、大企業別にゆるい標準化でもやらないと(どこが?(笑)

まあSAPは日本的には値段が高いんですけどね。

投稿: リチャード・王 | 2005/04/27 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/3870374

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフトとSAP、ソフトウエアを共同開発:

« NAP(Network Attached Processor) | トップページ | 世界最小15mm角のアクティブ電子タグ「Dice」の開発に成功 »