« 造形集団 海洋堂の軌跡 | トップページ | 架空請求ってどうよ »

2005/04/04

エシーフォ

http://www.toyokeizai.co.jp/CGI/kensaku/syousai.cgi?isbn=76153-5
知識創造のワークスタイル~ 来るべきユビキタス社会における新しい働き方の提案 ~
次世代オフィスシナリオ委員会 編 

 
という本をぺらぺらと読んでみた。

BTRONも、もともとは1981年に日本電子工業振興協会のフューチャーオフィスシステム構築委員会で坂村先生が90年代のオフィス予想図をブチかましたのが元になってるところがあるし。


TRON DESIGNをあらためて見てみると、今のノートパソコンと比べてもあまり違和感ないよね、ペルセポネ。

ここで説明しよう!

ペルセポネとは8ビットパソコン全盛の80年代初頭に10年後の1990年代には32ビットプロセッサ8メガバイトのメインメモリが標準的になるとムーアの法則からして、まあそんなもんかなというスペックをあげたら当時、誇大妄想扱いをされた、まあユビキタスコミュニケーターの原型みたいなものか。

坂村健の技術的な見切りの確かさと、世間の一般常識との乖離が端的に現れた例の一つである。

まあそれはさておき、

第3部 欧米におけるユビキタスコラボレーション実現に向けた先駆的事例 を流し読みしてみる。

これって、コクヨのオフィス紹介雑誌エシーフォの記事そのまんまだよなー、とか思う。

まあ、委員会の面子にエシーフォの編集長が入っているんで当たり前か。

エシーフォに出てくるような、職場で働いてみたいような、そんな職場は仕事はめちゃくちゃしんどそうな。

エシーフォのことはオフィス業界のエル・デコと私は勝手に呼んでますが。遠くにありて思うものかもしれん。隣の芝生は青い。すっぱいに違いない。


ただ、ここんとこのエシーフォ的傾向としては、オフィスというかワークスペースをでかいビル丸ごと使って一種の街というか環境として作りこんでいくような記事が目立つ気がする。その辺はユビキタスな働き方のヒントになることが多そうだ。

常時置いてあるのは、渋谷のブックファーストぐらいしか知らないけど、ほかにあるのかしらん?


ちなみに、今号Pixerがカバーストーリーになっている。


これが、3Dとはいえ、同じアニメスタジオとは思えないっす。日米の環境差は大きいのかしら。※Sigh※

とりあえず、仕事のメールが嫌いだ。
ヘッポコなワークフロー決裁システムにもうんざりな今日この頃です。

でわまた。

|

« 造形集団 海洋堂の軌跡 | トップページ | 架空請求ってどうよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エシーフォ:

« 造形集団 海洋堂の軌跡 | トップページ | 架空請求ってどうよ »