« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/30

試験

試験

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Love You!TRON!!

ネタがなくて苦しいんだと思ってください。


元ネタ

ラブユー・トロン
1 ハードディスクが 飛んでしまったの
  シャボン玉のような 私のなみだ
  トロンだけが 生き甲斐なの忘れられない
  実身 仮身 涙のOS

2 いつまでも私 めそめそしないわ
  ユビキタスのような 明るい涙
  あしたからは トロンなしで 生きて行くのね
  ラブユー ラブユー 涙のトロン

3 幸せの星を きっと見付けるの
  シャボン玉のような 夢見る教授
  お馬鹿さんね トロンだけを信じる私
  貧乏 貧乏 涙のトロン 

正直スマン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

響鬼さんの本籍地辺り

響鬼さんの本籍地辺り

続きを読む "響鬼さんの本籍地辺り"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005/04/29

ニダ

今日の日本経済新聞にもベタ記事で載ってました。それにしても暑い。

韓国インターネット振興院の略称が、NIDAってのは何のネタかと思いました。

http://www.uidcenter.org/japanese.html
韓国インターネット振興院とMOUを締結

 2005年4月10日ユビキタスIDセンターは、u-Koreaを推進する韓国政府情報通信部の下で活動している、 韓国インターネット振興院(NIDA: National Internet Development Agency of Korea, 院長 宋官浩)と、ucode検索システム、 及びユビキタスID関連技術の標準化に関する協力を内容とする、了解覚書(MOU)を交換しました。

ユビキタスIDセンターは、今後NIDAとの技術協力を進め、韓国におけるユビキタスID技術の普及にむけて積極的に展開する予定です。

(リンク→http://www.nida.or.kr/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/28

学習リモコン

ユビキタスコンピュータ究極の目標の一つ、それは万能リモコンである。
良いも悪いもリモコン次第<違。

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0504/22/news105.html
カスタマイズが楽しい学習リモコン――上海問屋の「EG-LR320」

ハルコーポレーションの学習リモコン クロッサム2+USBといえば、トロン方面の人は思い出す。マイクロスクリプトでのリモコン制御。

http://www.personal-media.co.jp/book/tron/msnyuumon.html
マイクロスクリプト入門

第16章 周辺機器を制御する
16.1 必要な機器の準備
◇ 「クロッサム2+」の初期化
◇ キー番号
◇ 「クロッサム2+」に直接コマンドを送る


ところで、上海問屋の「EG-LR320」もタブレットが付いてますね。

タブレットと言えばワコム。すっかりタブレットPCにお株を奪われてるぞ。もとはBTRON向けに開発したんじゃないか、電子ペン。

http://tablet.wacom.co.jp/what/detail/detail_press.html?nno=342
重さ1gのカートリッジ型 超小型のコードレス・電池レス電子ペンを開発

「スーパースリムペン」は、直径3.5mm、重さ1gにカートリッジ化された超小型電子ペン。小型ペンセンサーコントローラ「W8002」と組み合わせて使う。

 主な特徴は、
(1)ペンの外装デザインの自由度を確保する超小型サイズ、
(2)単体で電子ペンとしての機能を備えた超小型カートリッジ型、
(3)従来型の筆記具を基に簡単に電子ペンを設計可能、
――など。
 例えば、電子ペンを設計をする段階では、ボールペンユニット、シャープペンシルユニットなどとともに芯を切り替えて使用するタイプのペンにカートリッジとして装着することで、タブレットPCや次世代携帯電話で電子ペンとして使用できる「多機能ペン」を製品化することができる。

つまり、右に回すとボールペン、左に回すとタブレットみたいなのができるわけだな。

これだ。これでタブレットBTRONマシンを。

でも、キーボードはやっぱり欲しいな。


あー、しかし、リモコンが多すぎて邪魔だ。しかも昔使ってたリモコンの方が手になじんでるもんだから、新しく買ったテレビだのDVDだののリモコン使わないし。

だいたいボタンが多すぎる。パソコンじゃあるまいし。

ユビキタスコンピュータ究極の目標の一つ、それは万能リモコンである。

でも、リモコンに20万円というのもなあ。ユビキタスコミュニケーターの万能リモコンはどんなもんでしょう。

PAPIで体験できるらしいが。どうでした?高級リモコンは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/27

世界最小15mm角のアクティブ電子タグ「Dice」の開発に成功

総務省
「超小型チップネットワーキング技術超小型チップネットワーキング技術の研究開発」
「ユビキタスネットワーク(何でもどこでもネットワーク)技術の研究開発」の一環として実施
の関連ですね、たぶん。

ユビキタスネットワークシンポジウム2004 http://www.ubiquitous-forum.jp/documents/uns2004/

超小型チップネットワーキング技術の全体概要ならびに研究発表 YRPユビキタスネットワーキング研究所 小林 真輔
http://www.ubiquitous-forum.jp/documents/uns2004/group1/g1-kobayashi.pdf

ついにアクティブタグも本気になってきたようですね。

YRPユビキタス・ネットワーキング研究所は、バッテリ込みで15mm角という世界最小のアクティブ電子タグ「Dice」(ダイス)の開発に成功しました。

「Dice」は315MHz帯微弱無線により見通し10mの双方向通信が可能です。


315MHz帯微弱無線ってググってみると、いろいろ変なものがありますね。
店内呼出し・構内呼出し用ポケベル(近距離用ポケベル)
http://www.diamond-ant.co.jp/e-tempo/bell.html

また、1台の受信機に対して同時に1000個以上の「Dice」を識別することができるアンチコリジョン機能を持っております。

「Dice」はT-EngineフォーラムのpT-Engine(ピコ・ティーエンジン)の仕様に則っています。http://www.ubin.jp/press/pdf/TEP041203_u05.pdf

新開発の「Dice」は小型化とともに平均消費電力7.6μAと極めて省電力化を達成しました。 CR2032コイン電池で2.3年(理論値:5分に1回通信)、また搭載の超小型二次電池で5.5ヶ月(同)動作します。

「Dice」と受信機の間はDESによる暗号通信が可能で、さらに強固なセキュリティ機能を実現するeTRONチップも接続が可能です。

「Dice」は物流、サプライチェーンマネージメント、医薬品トレースなど多方面の分野の応用に広く適し、今後多方面の実証実験に大量に利用してく予定です。


あれか、TRONは立方体か、立方体でないといかんのかと

MCUBE
http://www002.upp.so-net.ne.jp/masayuki/hp/tronoff/20000611.html

Teacube
http://www.personal-media.co.jp/te/tcvr5701/welcome.html


というわけで、日経産業新聞ネタかな。チェックしてみよ。
電源内蔵型で世界最小のICタグ・YRPユビキタス研

名称は「Dice(サイコロ)」。

従来の電源内蔵型に比べ一辺の長さを半分、電池寿命を2倍以上とした。この本体に約34センチのひも状アンテナを付けて使う。

一つの読み取り装置で1000個のICタグから受信できるので、大量の荷物の管理に向いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/26

マイクロソフトとSAP、ソフトウエアを共同開発

アドビとマクロメディアの次はこれかい。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:マイクロソフトとSAP、ソフトウエアを共同開発(ロイター).

米ソフトウエア大手のマイクロソフトと独ソフトウエア大手のSAPは26日、両社の業務用ソフトウエアを一体化する新製品(コードネーム「メンドシノ」)を共同開発している、と発表した。


仲悪いんじゃなかったのか。

マイクロソフトとSAP、共同で新製品開発へ
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20083180,00.htm

 今秋発売予定の新製品は、マイクロソフトの表計算ソフト「エクセル」や電子メール・カレンダー機能を備えた「アウトルック」を統合したパソコン向け応用ソフト「オフィス」シリーズと、SAPの統合基幹業務システム(ERP)ソフト「マイSAP」を統合させるもの。

マイクロソフト製のパソコン向けソフトに慣れている利用者が、SAPの事務用システムから、予算管理、支出管理、在庫管理などのデータを引き出して操作することができるようにするのが狙いだ。

 例えば、「アウトルック」に予定の変更を入力すると、自動的にSAPの時間管理システムにも反映されるようになる。

ERPソフトといえば「チェンジ・ザ・ルール」エリヤフ・ゴールドラットはなかなか面白かった。

http://www.peoplesoft.co.jp/jp/jp/ent_strat/articles/eli_goldratt.jsp
エリヤフ・ゴールドラット氏が語る「実行可能なビジョン」-「簡潔さ」と「複雑さ」と「制約理論」

1.コンピュータシステムの真のパワーとは何か?
2.コンピュータシステムを用いると、どのような限界が取り除かれるのか?
3.これまでの限界に対応していた古いルールとは何か?
4.どのような新しいルールを用いればいいのか?
5.ルールの変化に合わせて、コンピュータシステムにどのような変化が求められるのか?
6.いかに変化を起こすのか?

まだまだ、「パソコン」で「紙」を作ってるレベルから抜け出せていないのが、「ユビキタス」社会に行きつかない理由かもしれず。

そんなことを読んでみて思ったりした。しかし、ERPソフトも苦しい業界なんだな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/04/25

NAP(Network Attached Processor)

AzulのNAP受注開始
http://www.kurikiyo.com/mt/archives/2005/04/azulnap.html

NAPってなんじゃい、昼寝のことかと思ったら(Network Attached Processor)の略ですか。

Azulコンピュートアプライアンスは,多数のプロセッサとメモリーを備えた装置。 それをネットワーク越しに複数の異種アプリケーション・サーバーから利用する。いわば,NAS(Network Attached Storage)のプロセッサ/メモリー版だ。

なるへそ、最近は個人情報保護法のせいだけって訳でもないでしょうけど、シンクライアントの流行再びだったり、DBがらみの業務フロントエンド系が結構JAVAジャバしてきたから結構化けるかも知れず。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/SI/NEWS/20050419/159662/
ネットワーク上で共有できるCPU装置,米Azul Systemsが受注開始

http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/hardware/2005/04/21/5130.html
CPU処理もネットワーク上で共有、米Azulの次世代アプローチ


現段階ではJavaプログラムの処理にしか対応していないが,「将来は.NETプログラムやSAP ABAPプログラムの処理も同じ製品で肩代わりできるようにする構想」(社長兼CEO Stephen W. DeWitt氏)という。

キラーン。

つまり、これで次世代BTRONが動くかもしれない(マテ。

つまり、イーサネットにNetwork Attached Tronchip(NAT)を差し込むとTADサーバーとBTRON4が動き出すのだー。
Webブラウザからでも閲覧、編集可能。

ま、結局高機能命令というか、専用目的化したプログラムをどう効率よく動かすかというトレードオフの波がまた来ているということで。汎用コンピュータが衰退してきてるってことかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PAPIその3.1

BTRON倶楽部とか杉勇倶楽部とかで一杯一杯だったので間延びしていますがまだ続きます(^^;)
これも受付の解説コーナーですが、選択肢が『手』なのがチャームポイントです。
建坪が200坪以上ある豪邸なんであれですが、三世帯位は楽々住めそうです。
うちの実家の6倍以上ですな(^o^;)うちのマンション(3LDK)の8倍前後、今は亡き長野の父の実家ほどですな。
(農家)

風呂が2箇所?(メインにはヒノキ風呂と五右衛門風呂とサウナ完備)とシャワーブース、室内プールなどもあって豪華です。これくらい広いとユビキタスなもの(ミュージックとかビデオとか照明、空調)が属人的に調整されるという有り難味が実感できますね。センサーなどが天井に凄い密度で置いてありますが、これからはやはり天井が肝になるのは間違いないですね。床下配線のような天井ツールが欲しいです。(床は冷暖房と間接照明(^^;)

PAPI08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/24

ユビキタス刑務所

刑務所が遍在するということではない。

塀・鉄格子ないハイテク刑務所・初のPFIで山口県に

 塀や鉄格子がないハイテク刑務所――。
PFI(民間資金を活用した社会資本整備)方式で建設、運営される初の刑務所「社会復帰促進センター」(仮称、山口県美祢市)に、ICやセンサーを活用した警備システムが導入される見通しとなった。

http://www.moj.go.jp/PRESS/040127-1.pdf
PFI手法による新設刑務所の整備・運営事業基本構想

http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000047668,20070212,00.htm
RFIDタグ、今度は囚人の監視に--米オハイオ州

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/04/22

PAPIその3

ああしまった!1階の見取り図しかない(^^;)
ということで申し訳ありませんm(__)m

吹き抜けの中庭に樹が生えてたりして、個人的には某住宅模型を思い起こすのですが、そっちは元々建築雑誌から採用したものだから単なる偶然という事で(笑)

家庭用のシースルーエレベーターというのを実際に見たのは初めてです。一部窓があるのは割と見るのですが。なかなか気に入ってしまいました。

玄関から和室には本来段差があるのですが、エレベーターは通り抜け方向に両側に扉があり、段差を吸収してリフトとして使用出来るようになってます。

玄関ピロティから既に屋根がありますので車庫は完全に屋内感覚です。車庫には一人乗り電気自動車とプリウスがあり、緊急時にはプリウスから給電できるシステムが完備されています。電気自動車のトランクには組み込み指揮の手押しカートがあり、車庫の脇の自動倉庫へそのまま荷物を入れられるようになっています。自動倉庫は2階の台所へ直結していて便利そうです。(自動倉庫はトヨタの工場で使っているものだそうで、納得しました)

PAPI07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/21

TiPO

http://www.personal-media.co.jp/press/press/050421_tev850ema3kit.html
LANやUSBを標準搭載した「μT-Engine/V850E-MA3開発キット」を発売開始

TiPO搭載のCPU(V810)は、NECのゲーム機PC-FX とかにも使われていたし、トロンチップとV80シリーズの類似はつとに指摘されるところである。

またV8XXシリーズでTiPOみたいなのに再チャレンジしてくれないかな。


続きを読む "TiPO"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

PAPIその2

続きです。

PAPIは受付の建物のすぐ隣で、敷地内には後は駐車場しか無いようなところです。というか、面積的には主に駐車場と言ってもいいかも(笑)

写っている人がほとんど背中なのは肖像権対策ではないです。(なんとなく横顔が写っている方はご容赦(^^;)

PAPIは基本的にリユース・リサイクル効率の高い、アルミ・ガラス建材を主に使用した建物で、『ファクター4』という、環境負荷1/2、豊かさ2倍の目標に沿ったコンセプトで作られています。

窓ガラスにはシースルーの太陽電池が内蔵されており、外装は光触媒コーティングで雨が降れば綺麗になるということでエネルギーコストや環境負荷を軽減しています。

個人的にはロールスクリーンみたいな太陽電池で、日差しの強い日には展開して冷房に使うとかでも良いような気はしてます。スクリーンで発電した電気でスクリーンが吸収した熱をペルチェ素子とかで屋外に排熱するとか。

最近は床冷暖房とかいう考えにはまってますけどどうですか?>関係者

PAPI05

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/20

MacPowerがリニューアル

MacPowerがリニューアルした。

アートディレクションは、SMAPのジャケットとかで有名な人だ。

最初はサーファー向けかなんかの雑誌かと思った。

ライフスタイルのクリエイトということだけど、なんというか昔の私みたいなキーボードも打てない「完全なパソコン初心者」ってのがいなくなったんだなあ。「私を初心者とか、ビギナーと呼ばないでいただきたい!」も無くなってしまったみたいだし。

それだけ「パソコン」が成熟商品として差異化が難しくなってきてるような気もする。メールも別にケータイで使えるしな。

なんというか、車で言えば「NAVI」、建築・住宅で言えば「CasaBrutus」あたりを思い出す体裁になってます。

「渋谷系」な感じだなってライターの顔ぶれから思ったりもしたけど、渋谷系も「超」成熟製品のコンパクトディスクや映画のヴィデオが飽和してからの産物だし。

コンパクトディスクが1982年、マッキントッシュやIBM-PCが1984年。どちらも、もう一時代を築いてしまった観がある。

もう、汎用のパーソナルコンピュータの時代は終わりつつあり、デジカメやiPodのような単機能専用機をつなげるハブというところでしか生き残れないのであろうか。

End of PC ERA.ってのがThe biginning of beautiful friendshipなユビキタス時代なんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/19

TOPPERS/FI4

2005年4月19日(火) 日経産業新聞 9面
"複数のマイコン制御 名大教授のNPOトロン改良しOS TOPPERS"

ということで、説明はこのへんでしょうか?
http://www.monaka.org/diary/#200504180

http://www.toppers.jp/fi4-kernel.html
TOPPERS/FI4 カーネルとは

http://www.toppers.jp/press/release-0504-2.pdf
ローランドがTOPPERSプロジェクトの開発成果を採用
~ TOPPERSプロジェクトの開発成果が急速に普及~

一年ぐらい製品になったのは、その前のバージョンか。両方とも音楽関連ですな。

続きを読む "TOPPERS/FI4"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

PAPIその1

4月17日の日曜日にトヨタのPAPIの見学に行ってきました。@niftyのフォーラムフラッシュの編集長も一緒だったので詳しいレポートはそちらもお楽しみに。
PAPI01

ということでとりあえず受付の写真です。ここの左の方にPAPIが隣接しています。右の方、道路(&リニモ)を渡って向側にはトヨタ博物館があります。お好きな方には堪らない施設のようです。

この建物には受付とソファー、PAPIの説明展示、前説用のミニシアターなどがあります。展示は主に映像ですが、量が多くてほんの一部しか見られませんでした。

リニモの学園通り駅の改札を出て左にでると大きな通りがありますが、左手に向かっていくと道の反対側にトヨタ博物館の大きな建物が見えます。PAPI02

そのまま直進すると信号が見えますが左手にPAPIの駐車場への入り口が見えます。
つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/18

アドビ、マクロメディアを34億ドルで買収

http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000050156,20082875,00.htm
アドビ、マクロメディアを34億ドルで買収

って、マジですかー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

手の指が太い

AICHI00
と妻は言いました(笑)

愛知万博に並んでいましたが、老後はこんなのに面倒見てもらうんでしょうか。
一家に一台とか政府予算で作れば一挙に安くなるんだろうけど。
中小零細のチューナーとかブリーダー(^^;)とか乱立したりするのだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/17

ユビキタスなテーブル

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0405/uchida.htm
内田洋行、透明アクリルキューブで操作する「プロジェクションテーブル」

 プロジェクションテーブルは、RFIDを使った透明なキューブをテーブルの端に置くと、内蔵リーダーがタグのIDを読み、サーバーからコンテンツを呼び出して表示するデバイス。キーボードやマウスなどではなく、実体のあるものを使った、いわゆる「タンジブル・インターフェイス」を採用し、直感的な操作を可能にしている。

続きを読む "ユビキタスなテーブル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/16

東芝、裸眼立体ディスプレイを開発

リンク: @nifty:NEWS@nifty:[ハードウェア]東芝、裸眼立体ディスプレイを開発(RBB TODAY).

ディスプレイが3Dになるなら、OSのインターフェイスも3Dになるよね。やっぱり、ドラクエですかね。


続きを読む "東芝、裸眼立体ディスプレイを開発"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

愛知万博の昼(^^;)


どこだ、これは。(笑)多分ブルガリヤ館の裏あたりだろうか。
ああ、トルコ館の裏手のトイレの方角から撮ったんだ。

中東のパビリオンは、あまり見ないせいかもしれないが、優雅且つ緻密な装飾でセンスのよさ+中東風の物売りとかで楽しめました。(なにしろハイテク系は混み混みなので最初から放棄してるし)

ふらふらしていると小さなパビリオンでも数十分かかるし、固まり間の移動にも十数分かかるので時間は経つ。知らぬ間に疲労は蓄積する。人気どころは行列が長くて見れないし。観光地価格ではあるけど、軽く飲みに行くくらいの金額で食べ歩きは可能。貧乏な家族連れには厳しいけど。(ブルガリヤで薔薇ヨーグルト食べたけど喫茶店と同じくらいの価格)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知万博の朝


愛地球博の朝は早い。間違っても開園の10分前に着いたりしてはいけない(笑)

金属探知機のゲート&係りの人による荷物チェック(なんかセキュリティというよりペットボトル捜索と言った方が賛同を得られやすいような感じですが)のせいで入るまで30分かかった。

空港のセキュリティチェックとは綿密さも処理能力も体制も不足気味。まあお客の方はもっと慣れてないが(笑)

便利な北ゲートより多少不便な西ゲートやら忘れられた瀬戸会場やらの方が良いかも知れないが、今の情報社会では抜け道はすぐ塞がると思った方が良いですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/14

日経バイト

日経トロン創刊!!などと与太を書いたせいでもあるまいけれど2005年の4月号から日経バイトが、組み込み関連に力を入れていくんだそうだ。

日経バイトも紆余曲折が長いですなあ。

ということで、「Cover Story」では、組み込み関連ネタのイキのいいところを、

連載企画「技術の真髄」では、TOPPERSの高田広章が語る俺の組み込みOS開発バリバリだぜ、が始まっている。

高田広章の「リアルタイムOS論」/【第1回】 技術的な体系が存在しない(095p)
デジタル家電や携帯電話,自動車に組み込まれたソフトウェアの基盤となるのがリアルタイムOSである。
LinuxやWindowsといった汎用OSとは異なる特徴をもつOSだが,ユビキタス時代に入りぐっと身近な存在になった。理解のポイントを披露する。(095p)


日経バイトと言うと、つい休刊した共立出版のコンピュータサイエンス誌「bit」を思いだしてしまう。

TRONの旗揚げから縁の深かったBitとメリケンのかっちょいい話のByteということであったのだが、その後、どうもパソコンじゃないコンピュータの話と言うのはウケが悪くなったようだ。

おかげで、コンピュータがつまらなくなった気がする。


ともあれ、かつての先進的なイメージをなんとか取り戻してほしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュワルツネッガーが

肥満対策に強い関心だとか>関連記事

まあ当然だよねぇ。人生のあらかたをコンディションの調整に費やしてるんだから。
ボディビルの著作もあって、慰問とかもやってたんだしねぇ。
なんか『例のゲーム』が肥満児童の運動不足解消に良いとかで学校に導入されたという話です。
たしかに良い運動だよねぇ。あの手のゲームは某氏が思い出されるけど。

匍匐全身ゲームとかどうすかね。汚れるからダメか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/13

次行ってみよう

専用ワープロ再考 を読んであたりから考えているけど何だか上手くまとまりません。


以下、裏も取らずに個人的な記憶だけで書いてます。

「キャズム」とBTRONではとりあげなかったけれど、セオドア・レビットやフィリップ・コトラーのいうところの「ホールプロダクト」として捉えた場合、「文書作成機としてのワードプロセッサ」というと、文書が作れて、そこそこ編集ができて、きれいに印刷ができれば良かったのである。

#「キャズム」自体、コトラーの教科書の体裁を下敷きにしてるんで、マーケターの人には読みやすい体裁なんだべ。

今では考えも付かないことかもしれないが、20年ほど前は、ワープロ専用機と言うのは学習机くらいの大きさがあって、一セットウン百万円もするものだったのだ。

しかし、とある知り合いは和文「ガッチャンコ」タイプ全盛の80年代初頭に学習机大のウン百万円もするワープロセット一式を購入して、役所向けの書類を作ったあと、副業的に同業者の書類をそのデータを流用して作ったりしてたが、そんなことで半年で元をとるほど需要があった時代があるんである。

今からするとウソのような話だが、90年代に入ってもまだそこそこ需要があったぐらいなので、当時いかに画期的なことだったかがわかっていただけるだろうか。……わっかんねえだろうなあ、イェイ(古い)。

ワタクシのような典型的文系は、結構いい年になるまで、タイピストとかキーボードで文字を打てる人というのは、ピアニストみたいな特殊技能を持った人だと固く信じて疑わなかったのである。

それが、必要に迫られてタイピングを必死こいて練習したら、3日で文字が打てることがわかって、ホッとすると同時に何だかバカにされたような気がしたもんである。

それはさておき、

パソコンも90年代の初めというと、PC9801+MS-DOS全盛で、一式そろえると何だかんだで百万ぐらいはかかったような気がする。

本体が30万、VGA程度の256色モニターが10万、4800のモデムが3万、MS-DOS3.3とロータス123と一太郎と通信ソフトで20万、ハードディスク40MB一式で10万、1.5メガのEMSメモリが3万、グラフィックバッファがどーたらこーたらとか何とかやっていくと、あっという間に100万ぐらいしたな。おまけに通信費は底無し(泣)。

今、ジャンク屋で500円で置いてあるのをみると何やら泣けてくる。

それでいて、一太郎の3とか4.3だのは、WYSIWYGどころか、昔のhtmlエディタのなれの果てみたいな使用感で、アウトライン&スケーラブルフォントなんでまともに出てこなかったような。

Macが漢字トーク7ぐらいのころブイブイ言わせられたのは、そんなこともあったせいかなー。

文書作るだけなら、そんな訳でまだまだパソコンよりワープロ専用機の方がよっぽどマシだった。

Win95が出るとあっという間にワープロ専用機が駆逐されたみたいに言われているけど、Win95の出たばっかりのころなんて、普及帯のディスプレイはSVGAがいいとこで、ノートなんかはまだまだVGAのTFTじゃないDSTN液晶で、はっきり言ってGUIでマルチウインドウの意味がなかった。

インターネットエクスプローラの2.0なんて、「テーブル(フレームの間違いにあらず)」も表示できなかったし、ネスケは5千円ぐらい出して買うものだった。

ということで、個人的な結論としては、ノートパソコンの画面がXGAになった21世紀あたりが分水脈だったのではないかと思う。

まあ、ワープロやオフコン相互のデータの互換性とか、ソフトがどうとか、インターネットの対応がどうとかというのは、ワタクシとしてはどっちでもいいことかなあと思う。PDAだって同様に鳴かず飛ばずみたいなもんだし、MSオフィスのデータがパブリックになったわけでもなし。

大画面ディスプレイがあればいいなら、お茶の間ディスプレイSTBでもさほど問題ないような気はするけれど。

さて、次世代のユビキタスなナントカに求められる、ホールプロダクトの概念ってどんなものかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/12

スーパーサット、Win CE 5.0搭載の次世代BBテレビセットトップボックス

リンク: @nifty:NEWS@nifty:[新製品]スーパーサット、Win CE 5.0搭載の次世代BBテレビセットトップボックス(BCN).

もう、STBといえば、WebTVからiBoxからTigerからあれからこれからとずいぶん期待されつつイマイチな感じで来ているわけですが。

さて、

先日、ビジネスホテルに泊まったら、そこでVODの装置があったのでさっそく試してみました。
MPEG2っぽい画像でしたが、早送りができたり、止めたりと結構使える感じになってきたようには思いました。

ただ、コンテンツがあまりにも古いというか安っぽい感じでしたし、VODの装置がイマイチ不安定でしばらく遊んでいたら止まってしまったりしてました。

それはそれとして、やっと、VODの環境や足回りが整ってきた感じはしています。

そんなところで、本日の新製品の紹介です。

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0504/11/news086.html
海外のテレビ番組を楽しめるSTB「MegaBox」登場

MegaBox(MB-1)は、VIAのC3/1GHzとWindows CE 5.0、128Mバイトのメモリを搭載したSTB。インターネットに接続し、家庭のテレビを使って動画コンテンツやWeb閲覧、メール、オンラインゲームなどを楽しめる。40GバイトのHDDを内蔵し、約80時間分の映像を保存することも可能だ。

仕様 http://www.supersat-japan.com/megabox.htm

WebTVとXBoxの中間のような、ドリームキャストの後継機のような。


プレスリリースを読んでみる。面白そうではある。悪くはなさそうなんだが……。

株式会社スーパーサット 株式会社アトラス
放送と通信の融合を実現!!
新世代ブロードバンドTV「MegaBox」発売のお知らせ
http://www.atlus.co.jp/ir/press/pdf/press205_0411.pdf


こんな人も挨拶してるしなー。

マイクロソフト株式会社
執行役最高技術責任者兼マイクロソフトコーポレーションコーポレートバイスプレジデント 古川享
「この度のMegaBoxの発表おめでとうございます。

ブロードバンド時代のキラーコンテンツとして高解像度のビデオオンデマンド(VoD)の本格的な普及がキーになるとマイクロソフトでも予測しております。

MegaBoxは、最新組込システム向けプラットフォームWindows CE 5.0を活用し、録画用HDDの搭載と、DRM(著作権管理)や広帯域のストリーミングプロトコルとコーデックのサポートなど、最新の技術を駆使された新世代IP TV端末に加えて、ユーザーが簡単に利用できるサービス実現のためのポータルシステムとコンテンツの提供も同時に行われるなど、時代のニーズにマッチした新しい市場を切り拓いていく製品として大変期待しております。」

さて、どんなもんでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/11

ユビキタス坂村

こんなこと書いてて怒られませんかね。色んな意味で。


(元ネタ)

halftable 作詞

ユビキタス セニョール
ユビキタス セニョリータ
酔いしれて みたいのよ
坂村城の夜
別れたひとに 逢えるよな
そんな気がして ならないの
それが 坂村 横須賀 デルコラソン


ユビキタス セニョール
ユビキタス セニョリータ
酔いしれて みたいのよ
多言語処理に
これから恋が 生まれるような
そんな気がして ならないの
それが坂村 本郷 デルコラソン


ユビキタス セニョール
ユビキタス セニョリータ
酔いしれて ふるえるの
TRONの炎
ひとり暮らしの わたしには
ここがいつもの 秋葉原
それが坂村 坂村 デルコラソン


#オチはないので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/10

ユビキタス浅草

なんか、タイトルのつけ方がミニマルというかワンパターンというか、コモエスタ赤坂というか。

日本経済新聞2005年4月9日(土)朝刊の多分東京ローカル記事扱いだと思います。

ICで観光情報ということで、4月12日(火)から、浅草でYRP研究所がらみで神戸の実証実験みたいなことをやる模様です。
ユビキタスコミュニケーターも当然使う模様。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2005/04/20f44100.htm
「東京都ICタグ実証実験」の第一回実行委員会を開催します
~平成17年度の取組がスタート~

委員会の面子を見ると、唐津 一と坂村 健 というのはTRON関連ではお馴染みですな。

岡本伸之さんというのは、観光関連の立教大学教授のようです。

いつでも、どこでも、誰でもが必要な情報を自由にやり取りできるという「ユビキタス」社会が実現しつつあります。

そのような中、東京都はICタグ等の技術を活用し、「初めて街を訪れた人」でも「観光など必要な情報」を、携帯端末を通して「その場」で「手軽に」得ることのできるしくみの実現に向けて、平成17年度の重点事業として、上野公園などで実証実験を行うこととしています。

平成17年度の取組概要

上野公園での取組
携帯端末を通じて、文化施設、見どころへのルート案内や内容紹介
動物園内で模擬的に電子マネーを実験

秋葉原での取組
実験の内容やICタグ等の技術を紹介(実物機器によるデモンストレーション等)
※「秋葉原ダイビル」2階のフロアで実施


と、あるので秋葉原か上野あたりからはじめるんだと思っていましたが、浅草ですかそうですか。

どうも、神戸や上野は国土交通省直轄事業な感じですな。

いずれ、銀座でもやるようなことが書いてありますが、ユビキタスは「銀座フィルター」を通過できるんですかね。

ま、とりあえず浅草だそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/04/09

お花見


駒沢公園でお花見してきました。今日(11日)は東京はそろそろ葉桜になりかかっていますが、久し振りに満開のお花見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/08

イルカショー


品川のEPSONアクアスタジアム内のイルカのショーが行われるプールです。開演前だと言うのにイルカ君たちは遊びまわっています。今まで見た中では一番元気良く泳いでいます。多少大味ですが派手で面白いショーです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マリンスタジアム行ってきました

なんか今頃(3日後)に解説入れてます。品川プリンスの裏に色々遊び施設ができたとかで早速見に行ってきました。写真はEPSONアクアスタジアムという水族館です。シネコンとかライブハウス、劇場、アトラクション、レストランなどの複合施設が周辺にあるのでそれなりに面白いかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/07

ユビキタス青森

ネタがないので過去記事をほじくり返してみよう。

http://richard-wong.cocolog-nifty.com/tron/2005/03/17.html
平成17年度自律移動支援プロジェクト予定
の青森県について調べてみる。

すると、

http://www.pref.aomori.jp/ubi/h16.html
・本県は、ユビキタスコンピューティング、ユビキタスID等の開発・普及を実施している「T-Engineフォーラム」に加入しております。

・T-Engineフォーラムとの連携を、最新の技術動向の把握、本県における取組に対する技術的・専門的支援、関連産業の誘導等に活用しております。

どれどれ?

http://www.t-engine.org/japanese/member.html

あ、ほんとだ。青森県が単独で入ってる。

◎新春知事対談「ユビキタス社会が日本を変える」
2005年1月3日、東奥日報、デーリー東北、陸奥新報に掲載
三村申吾青森県知事が坂村健氏とユビキタス社会について対談した内容を掲載します。

ふーん、こんな対談をしていたんですね。


平成17年度の取組み

http://www.capa.ne.jp/aisa/050621youkou.pdf平成17年6月21日(火)基調講演・パネルセッション:14時~17時
■名称/ 第2回ユビキタス・フェア2005
動き出す、ユビキタス新IT社会
~誰にでも安全・安心・簡単・便利な社会を目指して~
■内容/ 展示
基調講演:東京大学大学院情報学環教授坂村健氏(予定)
パネルセッション:坂村健氏(予定)

とりあえず、こんなところでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/04/06

架空請求ってどうよ

4月1日を境にスパムメール(主にエロ)の傾向が変わりました。(^^;)
差出人に宛先と同じものをセットしたものが来始めました。排除リストに入れると自分で自分にメール
することが出来なくなります。(セットしたけど)排除設定すると『排除しました』ってお知らせが発信元
(これも自分のアドレス)に帰ってくるのは止められない(T_T)のでやっかいですな。
勝手に登録しやがって、再三削除要求しても削らなかった業者は『個人情報保護法云々』という削除
要求メールを出したら今のところ送ってきてません。(ログで確認)
ここのところ芸のある『間違いを装ったメール』はほとんど来なくなり、どこぞの出会い系サイトの勧誘
が増えましたね。一見して広告とわかるような体裁が増えたのは対策なのかしら?

色々見ていたら架空請求ってどうよってサイトを発見しました。

とても充実しているので一見の価値ありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/04

エシーフォ

http://www.toyokeizai.co.jp/CGI/kensaku/syousai.cgi?isbn=76153-5
知識創造のワークスタイル~ 来るべきユビキタス社会における新しい働き方の提案 ~
次世代オフィスシナリオ委員会 編 

 
という本をぺらぺらと読んでみた。

BTRONも、もともとは1981年に日本電子工業振興協会のフューチャーオフィスシステム構築委員会で坂村先生が90年代のオフィス予想図をブチかましたのが元になってるところがあるし。


TRON DESIGNをあらためて見てみると、今のノートパソコンと比べてもあまり違和感ないよね、ペルセポネ。

ここで説明しよう!

ペルセポネとは8ビットパソコン全盛の80年代初頭に10年後の1990年代には32ビットプロセッサ8メガバイトのメインメモリが標準的になるとムーアの法則からして、まあそんなもんかなというスペックをあげたら当時、誇大妄想扱いをされた、まあユビキタスコミュニケーターの原型みたいなものか。

坂村健の技術的な見切りの確かさと、世間の一般常識との乖離が端的に現れた例の一つである。

まあそれはさておき、

第3部 欧米におけるユビキタスコラボレーション実現に向けた先駆的事例 を流し読みしてみる。

これって、コクヨのオフィス紹介雑誌エシーフォの記事そのまんまだよなー、とか思う。

まあ、委員会の面子にエシーフォの編集長が入っているんで当たり前か。

エシーフォに出てくるような、職場で働いてみたいような、そんな職場は仕事はめちゃくちゃしんどそうな。

エシーフォのことはオフィス業界のエル・デコと私は勝手に呼んでますが。遠くにありて思うものかもしれん。隣の芝生は青い。すっぱいに違いない。


ただ、ここんとこのエシーフォ的傾向としては、オフィスというかワークスペースをでかいビル丸ごと使って一種の街というか環境として作りこんでいくような記事が目立つ気がする。その辺はユビキタスな働き方のヒントになることが多そうだ。

常時置いてあるのは、渋谷のブックファーストぐらいしか知らないけど、ほかにあるのかしらん?


ちなみに、今号Pixerがカバーストーリーになっている。


これが、3Dとはいえ、同じアニメスタジオとは思えないっす。日米の環境差は大きいのかしら。※Sigh※

とりあえず、仕事のメールが嫌いだ。
ヘッポコなワークフロー決裁システムにもうんざりな今日この頃です。

でわまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

造形集団 海洋堂の軌跡

アーキグラムの次は海洋堂かよ。

生アーキグラムに直に触れる楽しみ!
http://www.dnp.co.jp/artscape/exhibition/focus/0503_01.html


水戸芸術館恐るべし。壁が全部食玩の箱で出来てるんじゃないだろな。

んーと、つまり芸術の遍在化ってことで、ユビキタスなフルクサスな感じでTRONだ(無理すぎ)。


造形集団 海洋堂の軌跡

4月9日より水戸芸術館にて、食玩や模型の制作を手がける海洋堂、ならびにそれらの型を制作する原型師の仕事を紹介する展覧会が開催される。

会期中は、海洋堂製「食玩」を約2000個展示するほか、海洋堂・宮脇修一氏のコレクションの中から約1000個のプラモのパッケージを展示、また、60年代以降の海洋堂の軌跡を帆船模型/オリジナル工具/ガレージキットといった代表的な商品をとおして概観する。

http://www.artscape.ne.jp/artscape/blog/archives/2005/03/31073934.php
海洋堂準備始まる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/03

マーカー

アイデアはあれど組み込みソフト技術者がいなければ

はーい、ここは入試に出るのでマーカーしとけー。

「ものづくり日本の趨勢は,ハードウエアとソフトウエアの摺り合わせができる組み込みソフトウエア技術者が握る」。

組み込みシステム開発技術の研究に従事する名古屋大学教授の高田広章氏はそう語っています。

そういえば,社内ベンチャーの成功例であるプレイステーションの開発にも同じことが言えそうです。

開発の重要な一翼を担ったのは,ゲーム機とは関係ない部門から引っ張りだされ,ゲーム用の3次元映像処理ソフトウエアやリアルタイムOSを開発するに至った組み込みソフト技術者でした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/02

空中映像投射装置?

記事
不可視レーザー光線を1点に照射し、焦点となった場所の空気分子を急加熱して青白く発光させるという方式でやるそうですが、モノクロですね。媒体が空気だからこのやり方でカラー化は困難でしょうか。密封容器中に三原色分の対象気体を入れておけばいけるかも。それともイオン化?した空気をスクリーンに使って可視光レーザーを散乱させるとかできないのかねぇ。

まだ輝点を同時に10個程度しか作れないみたいですが将来有望かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/01

TRONWARE VOL.92

これから始めるMTRON

2005年4月1日発売
定価 1,260円 (本体価格 1,200円) ISBN4-89362-225-0rz
付録CD-ROM付き (本誌関連記事、超漢字関連の情報収録)

From the Project Leader
プロジェクトリーダーから

TW Headline

Special Feature
これから始めるMTRON

■Part 1 MTRONって何?
■Part 2 作ってみようμMTRON

・標準T-EngineとpT-Engineで最初の一歩
・T-Engineのラインナップで何が出来るか?
・T-Engine+eTRONで作るセキュアネット家電システム
 ~μMTRON評価キットの紹介~
・FPGAを利用した柔軟なネットワーク構築
 ~MTRONへの取り組みと開発の実際~
・T-ShellとMTRONを繋ぐ
 ~T-BusとTAD2の詳細~
・ネットワーク拡張版T-Kernel「T-Kernel/HFDS」と開発環境「BTRON4」
・これから始めるBTRON4 ~実際に開発するには―TACL編~
・μMTRON開発キットへの分散型アプリケーション移植
・HFDS ApplicationEngineの概要と自立型ネットワークの開発事例
・生体認証と量子共鳴通信が広げるMTRONアプリケーション
・「μBTRON for T-Engine」を試してみよう

超漢字 挑戦記3.14
~入門者を単純な“つまずき”と素朴な疑問から救う人工知能~

付録CD-ROMの使い方

The TRON Topics
T-Engine情報RDBMS/TRONから見たコンピュータ業界の動向/TRONに関する報道/お知らせ

From the Editor
編集後記

| | コメント (1) | トラックバック (0)

そろそろPSP

アメリカで発売になった頃なのかこんな記事が。

PSP用に画像ファイルの変換をするソフトの話が目玉だけど、エロ系の話に進むところがアメリカらしい?のかしらん。まあ「全てのメディアはアダルト物が牽引する」という話もあるのだから順当といえば順当な話ですけど。

学生の頃、出始めのセルビデオについて論文を書いた(まあ大した物じゃないですが)際には、まだ初期だったのでドキュメンタリーとハウツウ物が少々あっただけで映画とかもほとんどなかったんですが、アダルトビデオは大量に出回ってました(笑)資料をかき集めるのに専門誌にビデオソフトと書いてある会社に資料請求の葉書を片端から送った結果そういうことに。(^^;)副作用でその後怪しい業者から延々とダイレクトメールが送られつづけたりしました。(一度名簿に載ったら半永久的に生き続けるものらしい)

まあそれはそれとして閲覧系の携帯端末が欲しいのでPSPはどうかと思っていたのでちょっと引力感じますね。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

日経トロン創刊!!

こちらよりコピペ。
http://www.nikkeibp.co.jp/index_j.shtml

完全通信販売制。ただいま年間購読者募集中。
今なら創刊号からご覧になれます。

創刊の挨拶:

今、日本オリジナルを再度問う。

空白の10年間を脱出し、新世紀のメイド・イン・ジャパン復活、そして日本の独創による再挑戦を宣言するため、あえて誌名を「トロン」としてスタートします。
20年以上の実績を誇り、ユビキタス・ジャパンの中心に存在するトロン・プロジェクト。
その現在を日本経済新聞、日経MJ、日経エレクトロニクスなどの強力なバックアップとともに熱く伝えていきたいと考えています。

特集:

愛知万博を支えるユビキタスとトロンの技術

TRONの今がわかる5大連載:

1 世界が、家庭が、職場がユビキタスで変わる
2 新世代TRON、T-Engineプロジェクトの現在
3 eTRONという選択肢 セキュリティマネジメント
4 TRONオープン・アーキテクチャーのこれから
5 RFIDで世界をつなぐ ユビキタスIDとAuto-ID

豪華連載陣:

相磯秀夫:これからのコンピュータ環境
村井 純:次世代ユビキタス環境とは。
古川 亨:未来家庭の風景
石井 裕:タンジブルチャレンジ
荒俣 宏:責任編集中
山根一真:ユビキタスオフィスを考えた

などなど。

その他企画盛り沢山でお送りします。

ベテラン開発者が伝える:
あの時TRONは……。

覆面座談会:取材の禁断オフレコ話

外国で使ってみたTRON技術:

日経アントレ連動企画:TRONファンド

読者だけのメールマガジンサービスも受付中。

今すぐ申し込みを。

当然、お日柄もよく全部嘘なので日本経済新聞社とか日経BPとかには問い合わせないこと。


では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »