« お茶の間ディスプレイ | トップページ | アジアOSの行方 »

2005/03/23

タッチパネル付き組込み用コンピュータ「Teapanel」

http://www.personal-media.co.jp/press/press/050323_teapanel.html
タッチパネル付き組込み用コンピュータ「Teapanel」の発売を開始

Teapanelの外観

「Teapanel」に

http://tablet.wacom.co.jp/products/favo3/btw/index.html
ワコム、パソコンとBluetoothで接続するワイヤレスペンタブレット

を対応させて、

お茶の間ディスプレイにつなげてみたい。

えーと、

http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/03/22/004.html
マイクロソフトのC#がJIS化 - 「MSがオープンな会社の証明」

ECMAってJAVAが蹴られたんだか蹴ったんだかしたとこですよね。
はてさてどうなるんでしょ、T-Engine。


丹下健三と坂村健で何か書こうと思ったけど、無理でした。
名前に「健」の字が入ってることぐらいしか思いつかないや。

とりとめなく終わる。

|

« お茶の間ディスプレイ | トップページ | アジアOSの行方 »

コメント

たしか、
コンピューターの時代 3電脳未来論 
'89 角川書店

で磯崎新と対談してましたね。

私も、磯崎氏は近いかなと思います。丹下健三じゃ当時親近感は持てなかっただろうし。

まあ、『電脳建築家』はコンピュータ・アーキテクトの直訳みたいなもんですから、元バローズの天才アーキテクトと謳われた、ロバート・バートンが元になるんだと思いますけど。

投稿: | 2005/03/24 22:26

岡本太郎.....ぢゃないよね(^^;)
(建築家ですらないし(笑)

なんかイメージでは近いんだけど(すんません)

投稿: リチャード・王 | 2005/03/24 09:39

>丹下健三と坂村健で何か書こうと思ったけど、無理でした。
ちょうど私も『丹下健三』でいろいろ検索していたらなぜか以下の頁を発見。

http://homepage1.nifty.com/straylight/main/yoyogi.html">『アキラと丹下健三の神殿』


だれのサイトかと見れば、
『趣都の誕生 萌える都市アキハバラ』の森川嘉一郎!

そこのサイトを読んでいたのですが、
http://homepage1.nifty.com/straylight/main/writer.html">『ライター・アーキテクト・スタイル --磯崎新・八束はじめ・隈研吾』

↑を、読むと、どちらかと言えば『磯崎新』の方が、
私がもっている『坂村健』のイメージに近いですね。

『電脳建築家』と名乗った時点で、『坂村健』のイメージする、
『建築家』はだれだったんでしょうね。

投稿: naga | 2005/03/24 06:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タッチパネル付き組込み用コンピュータ「Teapanel」:

« お茶の間ディスプレイ | トップページ | アジアOSの行方 »