« ユビキタス出会い系メール | トップページ | タッチパネル付き組込み用コンピュータ「Teapanel」 »

2005/03/22

お茶の間ディスプレイ

42インチのプラズマディスプレイTVを購入したら、パソコン用の画像入力端子が付いていたので、さっそく試してみた。

42インチで見る超漢字の画面は結構面白い。

XGAを横長に引き伸ばしてるんですけど、非常に見やすい。Windowsで表示させてもアイコンの細かい字も問題なく読める。プログレッシブっていいかも。

(ここで、写真をつけるべきなんだが、上手く写らなかったので、またそのうち。)

キーボードだけの自作用パーソナルコンピュータってぷらっとほーむで売ってたな。あれ欲しいかも。TRONキーボードのなかにコンピュータが入っているのでもいいな。

マジな話、これを職場において4,5人ぐらいで同じ画面を見ながら仕事するのがユビキタスオフィスなのかもしれない。


とかなんとか未来な気分にひたっていたら、「昔パソコンってテレビにつないでたよね。」とツッコミが。

その昔、8ビットの頃はパソコンのディスプレイはTVだったですね


あー、未来は過去で過去は未来で。

とにかく意外と面白いので、お試しあれ。


なお、横長画面に対応させようとして、逆に画面になにも表示されなくなった場合、以下の方法で回避して欲しい。

起動しても、画面になにも表示されない

ディスプレイの能力を超える画面サイズを選んでしまった場合には起動時に画面になにも表示されなくなることがあります。
起動時に[CapsLock]キーを押しっぱなしにすると、小さな画面サイズで起動します。その後、システム環境設定で画面の解像度を640×480などに設定してください。

ではまた。

|

« ユビキタス出会い系メール | トップページ | タッチパネル付き組込み用コンピュータ「Teapanel」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/3396548

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の間ディスプレイ:

« ユビキタス出会い系メール | トップページ | タッチパネル付き組込み用コンピュータ「Teapanel」 »