« ペンがコンピューターなのだ | トップページ | ロボットバトル世界一決定戦 »

2005/02/05

RFIDの使い道

ちょっと前に某世界的香水メーカーが製品にRFIDをセットして管理をするというニュースがあったが、偽物作りに対抗するためではなくて、品質管理のためだとか言っていました。

まあ薬やら食品みたいなものだからごもっともだと思ったんですが(単価が高いからRFIDのコストは問題にならないし)、ちょっとは偽物対策ってのはありそうですな。

メーカーのエンブレムにRFIDを仕込んで全て本社のサーバーで照会可能にすれば劇的に効果が上がりそう。
でもそうすると偽の本社のサーバーがでたり、本物のエンブレムを付け替えたりしたパチモンがでたりするんだろうな。(笑)

関係ないけど、RFID仕込むんだったらパスポートでなくて入国カードってのはどうなんだろうか?

|

« ペンがコンピューターなのだ | トップページ | ロボットバトル世界一決定戦 »

コメント

2007年2月1日から成田国際空港において航空手荷物実験が開始されている。
http://www.atmarkit.co.jp/news/200702/01/jal.html

IDコマース基盤検討会(ベンダー5社で構成、NTTデータ、富士通、日立、東芝テック、NEC)がシステム開発をおこない、JAL手ぶらサービスにて実験がおこなわれている。
本実験は、陸送~航空輸送にわたる手荷物IDを連携し、手荷物チェックイン業務の迅速化、作業効率化を検証する。
また、これまで有人カウンターでの手荷物預託の手続きが自動チェックイン機によってできるようになる。JALの国際線自動チェックイン機から手荷物引換証が出てくる仕組みを導入している。
手荷物が無事にチェックインされているかどうか、パソコン、携帯電話から確認できるサービスも実験期間中提供されている。

IDコマース基盤は、識別媒体としてバーコード以外にもRFIDデータを取り込むことが可能であり、今後手荷物以外にも国際航空貨物などへの異種システム間連携応用が検討されている。

投稿: Tobi | 2007/02/22 14:11

先日ニュースでRFID入りチケットで空港の案内表示を個人個人で変えてガイダンスできるようにするというのがあったけど、これは結構便利そうですね。

出発ゲートの案内以外にも搭乗時間別に「そろそろ」とかでたり、到着が遅れたとか、ゲートが変わったとか、込み具合とかもでるといいですね。

入出国の混雑状況もでたりすると有難いかも。
UHF帯のRFIDなら現在位置も判って、のんびりしている人に注意を促すのも可能ですね。

荷物のタグは宅急便のように『現在位置』とか判ると面白いですね。双方向だと不審な荷物の持ち主に連絡を送ることも可能でしょうし。

ビザとか出入国カードにも入れられると色々便利なような。

投稿: リチャード・王 | 2005/03/01 11:05

RFIDの実験が様々な業界、分野で大変さかんだが、何にこの技術を活用すると有効でコストパフォーマンスが生まれるサービスとして構築できるのか。そんなことを考えている最中、Oracleが主催する「10G World」イベントにふらっと行ってきました。特に興味を引いたのはRFIDソリューションと事例紹介のセッション。国内外の事例とオラクル社の商品がどのようにインプリされているかが説明されてました。
事例では主に航空業界や国際空港でRFID技術が様々な業務に活用されていることを実感!。
日本の事例としては国土交通省認可法人のASTREC(アストレックという)次世代空港システム技術研究組合の事例紹介がありました。
この事例紹介では、国土交通省が進めるe-Japnae施策/e-Airport事業の一環としての国際航空・空港間でのインタオペラビリティ実証実験として紹介されています。
「手ぶら旅行」というこれまでに無い陸運輸送システムと航空輸送システムを結ぶデータベースデクノロジとしてOracle製品が採用されており、日本航空と全日本空輸では、既に顧客サービス向上、空港での利便性向上と業務効率化に活用されていることが説明されてました。
また、航空業界では、テロ対策の関係でセキュリティ対策が大変重要視されており、その意味でRFID技術を導入しトランザクション管理をおこなう必要があるそうです。
やっぱりこういう使い方だね、と感心した次第で大変参考になりました。
RFIDのトランザクションをどのようにITシステムと連携させるか、アプリケーションが大変重要な要素と感じた次第です。
ASTRECのホームページ:http://www.astrec.jp/

投稿: atsu | 2005/02/26 00:04

おお、凄い。
なんかそのうち潜在的犯罪者とか人種とかの判別に濫用されるのに100ウォン。(--;)

投稿: リチャード・王 | 2005/02/10 16:11

http://www.asahi.com/science/update/0210/001.html">
極小チップで患者の体質の違い判別 日立が基本技術開発

インテリジェント試薬?(^^;

投稿: nya | 2005/02/10 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RFIDの使い道:

« ペンがコンピューターなのだ | トップページ | ロボットバトル世界一決定戦 »