« UC-Phone評価キット | トップページ | UOPF »

2005/02/01

Lotus NotesはどこまでBTRONか?

Lotus Notesの父、レイ・オジー氏が振り返る20年

今から20年前の1984年12月7日、ミッチ・ケイパー氏と私は、コードネームでNotesと呼ばれる製品の開発に着手する同意書に署名した。

ふーん、TRONプロジェクトとノーツとマッキントッシュとIBM-PCは実は同じ歳なのか。

1995年6月にノーツ欲しさにIBMがロータスを買収したのも今は昔の感がありますねえ。


今後は貧者のノーツといわれたWikiも環境が整ってくるかもしれませんし、ノーツの行方もロードマップは出たけれど正直どうなるやら。

wikiを使った「Web向けLotus Notes」に大きな関心


さて、あまり個人のパソコンユーザーに関係のない話かもしれないですが、何かの参考になるかもしれないので、クライアントユーザから見たBTRONとノーツの比較を行ってみます。

というのも、お仕事でノーツを使ってますが、かなりネットBTRONな印象を受けたので。


あらためてノーツって何よ?っていうといわゆるグループウェアと呼ばれるもので、サイボウズとかそういった系列のソフトです。

なんというかTADをサーバーで共有している、NetBTRONって昔試作されましたが、あんな感じのものですね。

大体この辺を読んでもらうと、なんとなくノーツってBTRONっぽい感じがしてくるんじゃないかと思います。

第1回 ノーツの誕生

第2回 やわらかさが身上のノーツデータベース

第13回 さよならワープロ文化

TRONを創る」のMTRONの章なんかはBTRONを自然に拡張していくと(今で言う)グループウェアみたいになるという発言もあるので、そんな的外れな感じではないと思います。

見た目は小学生向けの一太郎や、昔のMacに付いていたAt Easeみたいなものを想像してくれれば、あたらずとも遠からずかな。

あとは、メールクライアントとスケジューラーとto do listをくっつけて、ファイルキャビネットを模したラウンチャーで統合された環境と思っていただければいいんじゃないでしょうか。


KAKKOさんのB-ランチみたいな簡易なラウンチャでも結構便利だったし、μPIMみたいなメールとタスク(to do list)とスケジューラー、要するにPalmというかLotusオーガナイザーというか、MSアウトルックみたいな、とりあえず使える個人情報管理ツールというか統合環境が超漢字にも欲しいですね。

ただし1トピック1実身でなければ意味ないですけど。

今の超漢字だと、インストールした後が素っ気なさすぎて、正直何をどうしていいのかわからないような気がするんで。

実身/仮身については、ノーツ独自のリンクシステムがあって、BTRONで言うピクトグラムだけの仮身のようなリンクを貼ることができます。これで、大体BTRON風味で使うことが可能です。


長所としては、

当たり前ながら、サーバーでデータを共有できる。

その他、テキストを指定してリンクを貼る事もできるし、HTMLでいうNameタグのように任意の箇所にアンカーを置くことも可能です。
リンクについては、特定の長さのテキストや画像にリンクが貼れるというのはBTRONより優れていると思います。

また、Windowsアプリケーションとして導入されたノーツの場合、OLEに対応しているので、MS-オフィスを開いた仮身のようにすることもできます。MS-オフィスのデータが混在して監理できるのはなかなか重宝してます。


短所としては、

ノーツ以外の文書にはノーツリンクが貼れません。

つまり、当然ながらMS-オフィスファイルのなかに、ノーツのリンクを貼ることはできないです。この辺がBTRONに慣れた体からすると大きく不満になるかも。

それと、リンクをつかんでポンというかドラッグアンドドロップで気楽にあちこち貼ることができないのが面倒くさい。

また、リンクを大量に貼ると落ちるのが困りものですね。

とりあえず、こんなところでしょうか。

そんな訳ですので、Lotus Notesを触る機会があったら、どのくらいBTRONっぽいかは試してみてもらうといいかも知れません。

しかし、レイ・オジーもWikiのワード・カニンガムも皆いまマイクロソフトの関係者って凄いなー。


ではまた。


おまけ:

第3回 良い諦めが功を奏した複製機能

第4回 先に進みすぎていたノーツのセキュリティー

第5回 ノーツという道具がモデルにした日常

|

« UC-Phone評価キット | トップページ | UOPF »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/2772298

この記事へのトラックバック一覧です: Lotus NotesはどこまでBTRONか?:

« UC-Phone評価キット | トップページ | UOPF »