« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/28

響く鬼

仮面ライダー響鬼(ひびき)というのが最近やっているんですが、我が家ではつぼにはまってます。『響プロジェクト』とは関係ない模様。(今のところ)

こっちの響プロジェクトは関係あるかも(笑)

今回はアタッカーであるライダーをバックアップする組織があって、情報収集から装備の開発などやっているらしいですが、肝心の仮面ライダー響鬼はまだバイクに乗ってません(笑)おまけに車が運転できません(^^;)(注:役者の人が、ではなくて劇中で)

で、強引にユビキタスと関係を探るとすると、装備の中にディスクアニマルという音式神(というらしい)=10~20cmのロボットがあります。動力は『不思議な力(笑)』かもしれませんが、稼働時間とかあって技術的な産物のようです。探索と戦闘補助などに使われるこれらは仕込まれた動物並の知性とスキルで協調分散的に動くようです。
少量ではあっても量産品のようで同時に複数使用するのがリアリティがありますね。色別になっていて収納コンテナにもカラー別にマーキングしてあるのが業務っぽくていいです。前回で早速『業務繁忙が予測されるためシフトが強化されたのぼやく』響鬼君(31)の姿がでたりして哀愁を誘います。(笑)

予算は多分少ないだろうけど、NHK大河ドラマ風のつくり(意識してるでしょう)でクオリティは高いですね。精神年齢の高い人によりお勧め。

玩具に録音機能はついてないのだろうか>ディスクアニマル(設定では録音機能がある)

なんかライダー(鬼)は徒弟制度みたいなので今後の肝は『史上最強の弟子』が上手く育てられるか、というところなんでしょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/02/25

あざみ野東急ストアでユビキタスお買い物またまた

なんとなくタイトルがパイプのけむりか、ねこめ~わくみたいになってきたな。

† 猫の十戒 † Cat Commandments

ということで、ま た 横 浜 か

http://www.shizuokaonline.com/local_politics/20050225000000000015.htm
青果物の履歴や流通経路確認 開発システムを実証 浜松

青果物の生産履歴や流通経路を確認するトレーサビリティーシステムの開発に取り組む青果物EDI協議会(会長・篠原温千葉大園芸学部教授)は24日、浜松市大久保町のJAとぴあ浜松大久保集荷場で、同協議会が開発したユビキタスIDを利用したシステムの実証実験を公開した。

だそうです。

青果物EDI協議会
http://www.seika-edi.net/

25日の朝に同市のあざみ野東急ストアに並び、店頭端末によるシステムの実証実験が行われる。
http://www.tokyu-store.co.jp/
あざみ野東急ストア
住所:横浜市青葉区あざみ野2-1-1
最寄駅:東急田園都市線あざみ野駅

こちらもレポート、カマーン。


こちらは去年の実験の模様。

http://jp.yamatake.com/case/other/nou_156/nou_156a.htm
お客様が求める安心と安全を保証するトレーサビリティの仕組みづくり

http://www.tsukishiro.com/html/057/01.html
食品履歴の現場(4)店頭端末に栽培情報

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サムライ、ITに遭う―幕末通事始

勤め先の本棚で「サムライ、ITに遭う―幕末通事始」というのを見つけたのですが、結構面白かったです。
Amazon

新興国アメリカが日本に開国を迫るに当たって『最新技術』のデモンストレーションを行う、といったくだりは考えてみれば当然なんですが、明治維新と言えば日本側の話ばかり慣れ親しんできていたので僕にとっては新しい視点でした。

それぞれ別々には少しは知っていることもあるわけですが、なかなか連携した形での勉強はしていませんでしたね。これからの時代は網の目のように入り組んだ歴史と地理、社会などを渾然一体として学ぶような基盤が整備されるだろうし、されなければいかんのだろうと思いました。それにはWiKiでも不十分な気がします。場の(接合強度、距離?)概念が入ったものが必要なんじゃないでしょうか。

話が飛びましたが、本書は電信の日本への伝播を検証したものでなかなか読み応えがありました。荒俣宏が推薦文を書いていますね。(^^;)

以下推薦文引用『ケイタイ依存の現代社会も、その発端はペリーの土産の電信機にあった。日本の電気通信150年のなぞがこの本で解けた。』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/23

神戸に行ってきましたv(^^)v

今更ですが、神戸でやっていた自律的移動支援プロジェクトの残骸(?)を見てきました。

詳細はYRPユビキタス・ネットワーキング研究所の資料とか、
国土交通省の資料をだうぞ。

「行ったところでUCが無いと何もできないよ」という、
ありがたいお言葉を坂村先生から直接いただいてはいましたが、
そこはそれ、
「あるんなら、行ってみよう、見てみようo(^-^)o」
ということで、わざわざ神戸まで行ってきました。← ばかヾ(^^;

確かにありました。
さんちか(三宮地下街)にはアンテナ付ICタグがペタペタ貼ってありますし、
天井には要所要所に赤外線マーカーも配置されています。
しかも、看板に張られているICタグだと内部のタグが透けて見えてますヾ(^^;


んでもって、さんちかを出て海の方(<あばうとヾ(^^;)に向かうと、
今度は京町筋のランプミュージアムを中心に
アンテナ付ICタグ無線マーカー点字ブロック埋込ICタグなどなどがちゃんとあります。

また、インテリジェント基準点(国内1号なら、おそらく世界第1号!?)もちゃんとあります。
しげしげと眺めたり写真撮ったり、単なる怪しい二人連れになってましたσ(^^;


日本橋三越本店
と違って、
こちらではホントに何にもできませんが、
近くの方は一度行ってみてはいかが?
ホントにありますし、好きなだけ触ることも写真撮ることもできます。
ただし、周囲から奇異な目で見られる覚悟は要りますヾ(^^;

さて、次はどこだ?ヾ(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/02/22

ウェアラブルなカメラ

勤め先の関連会社でリスクレンジャーという製品を売り出したんですが、個人で使うには微妙な価格ですが業務用としてはまずまずかな。記事

基本的にはヘルメットにカメラをつけて映像を保存するという使い方ですね。証拠保全的意味からのネーミングでしょうか。ハウジングに入れてダイビングのガイドにも持たせたりするのも有効かも。もっともそういう事自体を嫌がるような人が多そうではありますが(笑)

なんか発展性はありそうなんですが、これがある程度売れないと厳しいかな>新機種

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/21

京急ストア能見台店でユビキタスお買い物たびたび

ということで三越の次は2005年2月24日より京急ストア能見台店B1F 食品売場(神奈川県横浜市金沢区能見台3-1-1)だ。

http://www.t-engine.org/news/pdf/TEP050215-u01.pdf
「統合型食品トレーサビリティシステムの開発実証(第2期)」京急ストア能見台店で店舗実験を開始予定


去年も同じ店で実験をしたようですね。今年は何か変わってるのでしょうか?

http://www5d.biglobe.ne.jp/~sptnet/68537861/
TRON(トロン)のICタグ付き野菜の流通実験を体験 

http://www4.cds.ne.jp/~audrey/diary/images/040110/
ぶらり途中下車の旅「京浜急行 能見台駅」

レポート、カマーン。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

レッドタクトン

よーするに、Personal Area Network(PAN)の一種ですな。

昨日の日本経済新聞で見たんだったか、結構面白いなって思ったんですけど、

http://www.redtacton.com/

http://www.redtacton.com/jp/field/index.html

えっとー、これってコンテクスト・アウェアネスだの用語から概念から応用事例まで、まんまTRONなユビキタスのYRPのどこかで見たような香りがするんですけど。

と思ったら、NTTレゾナントですか。あーそーですか。納得。

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0502/18/news095.html
人の体表面を通信経路に――NTTの「RedTacton」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RFIDのプライバシー侵害問題

あんまり詳しくチェックしてなかった(^^;)んですが、とある事情で泥縄お勉強をした結果、今問題に上がっているのに対してEPCglobalの方からの説得力のある説明が見つからないです>プライバシーの侵害

まあ大概の一般誌の記事はピント外れですが。(すぐに正確になりそうだけど)

要するにトレーサビリティを逆手にとって、複数のタグのユニークID同士を関係付けたデータベースの流出を収集していくと、特定個人と関係のあるタグ群のデータベースが構築できてしまうという話ですね。

例では商店の顧客名簿に購入商品などのタグ情報を組み入れたデータベースの流出が出てたりします。一旦『枝がつく』と芋づる式にタグ情報を収集される可能性があるのが危険ですかね。前に坂村先生がタグを簡単に切り取れるようにもできる、という対策?を話していたけれど、神経質な人以外の一般人が安心して使えないのでは廃れそうな気がします。まあ周囲にしらしめたいようなもの(ブランド物とか高級牛肉とか)なら問題ないのか(笑)
(でもブランド物専門の窃盗団とかに狙われるかもね)

原則は2WAYのトレーサビリティは厳しく制限するってことなんでしょうね、原理的に困難な方がいいでしょうか。1.5WAYくらいが落としどころなんでしょうね。

まあ他にも銀座界隈での高級神戸牛の購入者のリアルタイム分布図とか見れちゃったりするのはかなり微妙だとかいうのもありそうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/18

RFIDぶらり旅

とある事情で急遽RFIDのお勉強をしています。Webでもはかばかしくないので、書泉ブックタワー出かけたりしてみました。(--;)

まあ泥縄で知識を仕入れてから再度Webで探していたらRFIDぶらり旅って言うのを見つけました。やっぱり基礎知識の量で検索効率が違うような気がしますね。(^^;)

魑魅魍魎が跋扈していたり、情報が均一に伝わって無かったりして実態がなかなかわかりませんな。誰か助けて。
(もうちょっと時間がないと判るようにならない(;_;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/02/16

デザイン”ユビキタス”バーコード

UC-Phone評価キットが発表されて、とりあえず開発も終了していよいよバーコードを読んで読んで読みまくりたい方に朗報です。

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091108304647.html
こんなのあり? デザインバーコードいよいよ登場

http://www.suntory.co.jp/softdrink/shiki/bcd.html
デザインバーコード燃焼系アミノ式に採用


この勢いでQRコードもデザインできないですかね。ユビキタスIDセンターデザインバーコード社に依頼を検討汁!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニフティ「ワープロ・パソコン通信」、来年3月で終了

@nifty:NEWS@nifty:ニフティ「ワープロ・パソコン通信」、来年3月で終了(読売新聞)


ということなので、ニフティ会員の人は
http://forum.nifty.com/の左下に「インターウェイ」という入力欄がありますので、所属していたフォーラムやステーションの気になるログを保存しておいた方がいいかも。

とりあえずftronとspmcとfcomedyは何とかしたいところだ。

てゆうか、昔のハードディスクが死んだ。こういうときに限ってバックアップメディアがどこかにいってしまっている。

もうあきらめようかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/15

生体情報のモニタリング

いわゆるバイタルサイン、脈拍とか血圧とか体温とか、を常時検出して色々役立てようとかいうユビキタスコンピューティングの応用がありますが、これは究極的にはインプラント(体内に埋め込み)の方が都合がいいことがあるのは確かです。

昔のイメージビデオで個人認識(ID)をインプラントしておいて、緊急時の適切な投薬とか救急車の自動通報とかに利用するというのがあったと思いますが、プライバシーの問題は結構ありそうですね。今の話ではRFで非接触で読み取る方向で技術の検討が進んでいますが、仮に可能でも体内などの状況を外部から本人の意思に関わらずに読み取れる可能性は少ないに越したことは無いと思います。(無論アクセスの暗号化などは当然ですが)

そこで考えたのが体内・体外の境界にゲートウェイを設けると言う奴。外部との接触・非接触のインターフェースを行う専用ツール以外ではインプラントの機器にアクセスできない、専用ツールは限りなく接触に近い状況でしかインプラント機器にアクセスできない。もちろんそれ以外の方法で外部から直接アクセスは出来ないというもの。

額に内外のインターフェースを設けたらアーブですけど(笑)
直接ケーブルを首筋に挿すよりはいいんでないかと思うんですが。
脈拍と体温ならブレスレットでもいけそうだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ucodeの実験を見てきましたo(^-^)o

本当は日本橋三越本店でユビキタスお買い物再びへのコメントなんですが、
コメントでの写真の貼り方がわからないので新規発言にしてみましたヾ(^^;

先日の日曜日(12日ですな)、
リチャード・王さんとすみれれさん(リの奥さん)と一緒に日本橋 三越に行って
実際に見学してきました(^^)/

青果と精肉のとこにおいてありました。
今はスポット的に置かれてるだけなので、
実際どれくらい役に立っているのかよく分からないというのが正直なところですが、
知りたいと思った人が必要な情報にアクセスすることができるというのはありでしょう。
「要らん」という人もいるでしょうが、そんときは無視すればいいんだし。

携帯で二次元バーコードを利用して情報にアクセスすることもできます。
専用の端末をいちいち置いて対応するというのはどうかな?とも思いますが、
携帯でもアクセス可能というのであれば、やっぱり便利でしょう。
尤も、二次元バーコードに対応してない携帯ってのも多いので
専用端末というのも必須ではあります。

今のところものめずらしさで触ってる人σ(^^;や
業界関係者σ(^^;が中心ではないかとは思いますが、
こういうのが当たり前の世界がいずれはやってくると思います。
今の状況から劇的に変わるとは思いませんが、
こういった環境がいつのまにか整備されていて、
いつのまにか当たり前に使ってる。
意識はしないけど、無いと不便だと思う。
そんな時代になるんじゃなないでしょうか?

uc03uc06uc07uc08uc09












uc10uc11uc12uc13







| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/02/14

WikiはどこまでBTRONか?

TRONに関連したWikiがここのところ続々と立ち上がっているようです。

BTRONリテラシー http://www.wikihouse.com/tronliteracy/
Pario TRON Wiki http://www.pario-software.com/wiki/index.php?title=Pario_TRON_Wiki_Home
BTRON'S Wiki http://wiki.fdiary.net/BTRON/


続きを読む "WikiはどこまでBTRONか?"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

【警察よりお知らせ】詐欺にご注意ください

毎年2月中旬になると
チョコレートなどの物品を渡し、一ヶ月後に3倍などの法外な利息を請求する
いわゆる「押し貸し」による被害が多発します。
今年度もこのような詐欺が横行することが予想されますので、
くれぐれもご注意ください。

また、万が一これらの詐欺にあってしまったら、
消費者生活センターや警視庁に相談しましょう。

【消費生活センター】全国の消費生活センター


弁済しなかった場合、社会的に厳しく非難されるため、事実上、弁済をせずにいることはできません。極めて悪質と言えます。被害に遭った男性は裁判に訴えることもできず、泣き寝入りすることが多いそうです。
---------------------------------------------------------------------------------------
ってのがありました。(笑)>妻

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/02/11

民藝とオープンソース

駒場の東京大学先端科学技術研究センターのすぐ裏に日本民藝館がある。
近代的なビルと大谷石の民藝館。なんとも、対照的な風景だ。

続きを読む "民藝とオープンソース"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/02/10

プログラミングの心理学 25周年記念版

http://book.mycom.co.jp/book/4-8399-1594-6/4-8399-1594-6.shtml
プログラミングの心理学 25周年記念版~または、ハイテクノロジーの人間学
著者:G・M・ワインバーグ 訳:木村泉・角田博保・久野靖・白濱律夫

長らく絶版であったワインバーグのプログラミングの心理学が毎日コミュニケーションズから25周年記念版ということで出版されることになった模様。毎コミ偉い。

後に伽藍とバザールで印象的に引用されていることからもわかるとおり、何十年後かのオープンソースを予感させるような気がする。 中でもエゴレス方式の記述は初めて読んだときは、本当に感銘を受けた。

伽藍とバザール
http://cruel.org/freeware/cathedral.html

私はプログラミングはぜーんぜん駄目なほうですが、この本はほんとうに面白いです。

PL/1のプログラムリストとかわからなくても、プログラミングしたことがなくてもまったく問題ありません(たぶん)。

TRONに興味のある方は是非にとお勧めする次第です。あと、人間関係に行き詰ってる人とか。

毎コミ偉い。追加部分だけ立ち読みするよ(<ここまで言っておいて買わないかお前は)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

坂村 健@日経セキュリティ会議

http://www.secucon.jp/
日経セキュリティ会議

入場無料 2月18日申し込み締め切りだそうです。
今話題のICキャッシュカードにeTRON採用、か?!

2005年3月3日(木)13:00~14:30

「ユビキタス社会のセキュリティとプライバシー」

東京大学大学院情報学環副学環長/教授 坂村 健 氏
横浜国立大学大学院 環境情報研究院教授 松本 勉 氏

東京三菱銀行より
司会 : ISO/IEC JTC1 SC37国内専門委員会委員長 瀬戸  洋一 氏

ユビキタス時代は、サービスを受ける本人がだれであるかという認証機能が重要となり、社会の安全性強化からバイオメトリクス技術が注目されています。

社会IDとしては電子パスポート、金融においては現在の本人確認を強化するためATMサービス、モバイル関係においては情報保護のためのプロテクションなどがあろうかと思われます。

本セッションでは、来るべきユビキタス社会のビジョン、ユビキタスセキュリティ概要と課題、新しい認証を用いた新サービスなどのビジョンをもとに、ユビキタス社会実現に向けたセキュリティの現状やプライバシーにおける課題について議論します。

#行った人はレポートを提出のこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/09

アイピートークその後

μT-Engineで開発されたIP携帯電話のアイピートークですが、順調みたいですね。

アイピートーク、無線LAN対応のモバイルIP電話「モバイルIPTalk」

まー、skypeとかSIPとか色々あるけど、μT-Engineも対応に色々と頑張ってるのね。
IP電話って今後どうなるんでしょうか。

http://hotwired.goo.ne.jp/bitliteracy/interview/021225/index.html
IPベースの携帯電話 「モバイルIPトーク」の衝撃

日経産業新聞 2003年2月17日 1面

トロンでIP携帯電話
三菱電機とアイピートークが開発
今春サービス開始 開発費・期間を半減

http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040707_2.html
通信・放送分野におけるベンチャー企業の事業計画の認定
(アイピートーク株式会社が行う通信・放送新規事業の認定)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

RF-LSI


超LSI:内部を無線で情報伝達 広島大開発

intelの基礎研究で、チップ内部に導波路を作って光で接続するってのが有ったと思うけど、デンパでブロードキャストしますか?(^^;

p.s.クロックとかマイクロ波で供給されそうだな、某氏の未来のLSIにはパイプが3本付いてる話じゃ無いけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/08

三菱重工、ガンダム開発 か?!

@nifty:NEWS@nifty:三菱重工、ガンダム開発プロジェクトスタート!?(夕刊フジ)


まー、前田建設 ファンタジー営業部とか、KIT金沢工業大学_ガンダム創出学とか色々ありますけどね。

とりあえずガノタうざい。ってゆうかこの辺の世代がリクルーターになって来たのだなあ。

ガンダムの実物大胸像(全長約5.6メートル)なハリボテじゃなくて実物作るのかと思ったのに。


えーと、多分制御用OSがTRONだと思う。

よし、これでTRONネタになった。<なわきゃーない。

雑誌 月刊ガンダムエース 2003年9月号 P178
富野さん、こんにちは 対談連載第4回
坂村健とガンダムの監督である富野氏との対談。カラーページで随分と長い記事。

未来のスペースコロニーはコンピューター制御でユビキタス。
とりあえず、対談もしたことだしユビキタスアドバイザーとか適当な名前で坂村先生がサンライズに参加するとか。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/02/07

IBM謹製ゲーム専用OS

IBM「パワー」をオープン化のニュースも冷めやらぬ中こんな記事が。


2005/1/28(金)日経産業新聞 1、7面
次世代ゲームでセル展開 高い拡張性・用途広がる
チェキブ・アクラウト米IBM副社長

ということはこういうことかー(以下デマなので信用しないように)。

・OSは新型のものを利用

PS、PS2のOSは跡形もないほど拡張されているだろうとはいえ、ITRONベースだと言われている。PS、PS2との互換性を考えるとT-Kernelを使っているに違いない。

・セル自体は複数のOSに対応が可能

T-Kernelだけでなく、T-Linux、T-WindowsCE、そしてJavaにも対応できるしな。

・ゲームやグラフィック機能を最大限に引き出すため、専用OSを開発している

ついに3次元インターフェイスを実装するのか。昔ダンジョン・インターフェイスとか言って研究していたしな。Project Looking GlassもAVALONも飛び越えていくぜ。

・主な用途は当面は次世代ゲームが主な用途

いや、単なるカモフラージュだ。CELL版T-Engine上で開発しているに違いない。

・ゲーム以外の用途開発はこれから

つまりこれが新世代BTRON……。

・リアルタイム処理ができる技術基盤を目指す

リアルタイムといえばTRON……。

んなこたーない。くれぐれもデマなので信用しないように。ではまた。


事実はこちら>

ISSCCで、ついにCellが登場~ソニーグループ、IBM、東芝が共同発表

Cellプロセッサの仕様が明らかに――動作速度は4GHz超に

IBM、ソニー、東芝が新プロセッサーの概要を発表(上)

IBM、ソニー、東芝が新プロセッサーの概要を発表(下)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マトリョミン

ユビキタス・ワールドでマトリョミンというのがコメントで付いていたので見たらなかなか『そそる』物体であった。

なんかこう非接触なところがユビキタスっぽい(^^;)ような>テルミン
僕の世代だと昔の特撮物の映画とかでよく使っていたので馴染みあるんですが>テルミン

テルミンでユーザーインターフェースっての作ってみたいような。残念ながら受注生産でオーダーストップ中みたいですが>マトリョミン
関係ないけどピクミンってなんとなく似ているような気がする。(笑)

毎朝駅で連呼されている『シミン』ってのはどうも嫌いだが。(『区民』『都民』『国民』なら関係あるのだが。武蔵野市に含むところはないです(^^;)

こんなのもあるみたいだけど。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/02/06

「おたく:人格=空間=都市」趣都に凱旋

磯崎新&森川嘉一郎の師弟コンビが趣都に凱旋公演。世界中にオタク空間が遍在するのがユビキタス(<強引)

ということで、恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館

グローバルメディア2005 おたく:人格=空間=都市

第9回ヴェネチアビエンナーレ建築展日本館展示の帰国展が決定いたしました!
【後期】2005年2月22日~3月13日「おたく:人格=空間=都市」

しかも、文化庁主催の漫画喫茶、メディア芸術祭と同時上映とはいい根性だ。

文化庁メディア芸術祭

■会 期:2005年2月25日(金)~2005年3月6日(日) 
※期間中は月曜(2月28日)も開館致します
■会 場:2・3階展示室、1階ホール同時開催
■料 金:入場無料

どうせ行けないからいいんだもーん。ふーんだ。

#地下にあった「かつ好」閉鎖しちゃったのか。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WebメールにRSSリーダーとか

>Webメールにも「RSSリーダー」が付きました。メールを見る延長でブログも見られます。

>マイニフティの「ブログクリップ」と、Webメールの「RSSリーダー」のブログリストは共通なので、「ブログクリップ」に
>ブログを追加すると、「RSSリーダー」にも追加されます。

>「ブログクリップ」では表示・非表示が選べ、「RSSリーダー」では全てのブログが表示されます。ご利用シーンに合
>わせて使い分けてみてください。

http://mynif.cocolog-nifty.com/mynif/2005/01/webrss.html

だそうですね。まだよく判ってないですが。(^^;)

追伸:このブログもようやく6000アクセス超えました。今月中に1万越えますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロボットバトル世界一決定戦

ロボットバトル世界一決定戦ってのやってるんですね。
最近地上波見てないもんで(^^;)

いやぁ、プラレス三四郎なんてのが思い出されますな<古い

これでウォーゲームやっていけばすぐに歩行機械部隊できそうですな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/05

RFIDの使い道

ちょっと前に某世界的香水メーカーが製品にRFIDをセットして管理をするというニュースがあったが、偽物作りに対抗するためではなくて、品質管理のためだとか言っていました。

まあ薬やら食品みたいなものだからごもっともだと思ったんですが(単価が高いからRFIDのコストは問題にならないし)、ちょっとは偽物対策ってのはありそうですな。

メーカーのエンブレムにRFIDを仕込んで全て本社のサーバーで照会可能にすれば劇的に効果が上がりそう。
でもそうすると偽の本社のサーバーがでたり、本物のエンブレムを付け替えたりしたパチモンがでたりするんだろうな。(笑)

関係ないけど、RFID仕込むんだったらパスポートでなくて入国カードってのはどうなんだろうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/02/04

ペンがコンピューターなのだ

2005/2/4の日経産業新聞ネタ。

電子ペンが単なるポインティングデバイスの時代は終わった。
これからはペンがコンピューターなのだ。

続きを読む "ペンがコンピューターなのだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸で「ジグビー」

2005年1月25日(火) 日経産業新聞
神戸で 低消費電力無線規格「ジグビー」、沖電気が実験 って読んだときクサイと思ったけどやっぱりYRP関連だったか。

もう実証実験終わってしまったみたいだけど、一応関連記事を載せておきます。

太陽電池によるZigBeeセンサネットワークを神戸市で実証実験開始

沖電気、太陽電池による ZigBee センサネットワークを実証実験

ジグビー解説;

低速・低性能のワイヤレス新標準『ジグビー』に集まる期待

今年のTRONSHOWでこんな展示があったんだから当然気づくべきだったんだよなー。トホホ。

2004年12月7日(火) 日経産業新聞 5面 「ジグビー」使う健康管理装置 沖電気容体を常時監視

2004年12月8日(水) 日刊工業新聞 11面
患者,高齢者の異常 医師や家族に連絡
沖電気が実験用生体センサーノード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/03

韓国で世界初のユビキタス都市

2004/08/29 ってなってますから、ちょっと前の記事ですけど、ちょっとビミョーな感じはする。

韓国で世界初のユビキタス都市

韓国でも最近、ユビキタスという言葉を様々なメディアで見かけるようになりました。こうした中、世界で初めての試みとしてのユビキタスシティ(u-City)の構築プロジェクトが進んでいます。

| | コメント (2)

HITACHIユビキタススクエア横浜

日立がユビキタススクエア横浜というのを戸塚でやっているそうです。見学は事前予約制らしいです。

有明のパナソニックセンターに対抗しているのかな。あんまり広くなさそうですけど、どなたか行かれた方います?
オフやるか(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/02/02

フェロモン&ダイエット香水「ユビキタス」

えーと、もう何処から突っ込んでいいのか分かりませんが、とりあえず激ワロタ。

フェロモン&ダイエット香水「ユビキタス」

世界初!いつでも、どこでも気軽に使えるフェロモン&ダイエット香水 「ユビキタス」に含まれる「グレープフルーツ・シトラス」には、消化を助け脂肪を 燃焼させる効果があり、継続的に使用することで、メタボリズムの向上による ダイエット効果が期待できます。

潜在意識に作用する「フェロモン」は、近年その効果が証明され、様々な分野に 利用されていますが、「ユビキタス」はさらにその即効性を高め、年齢・性別を問 わずご愛用いただける香りに仕上げました。

| | トラックバック (1)

UOPF

堀絃一&村井純両氏が顧問のUOPFって今頃どうしているんでしょうかね。
注:UOPF(ユビキタス・オープン・プラットフォーム フォーラム)
なんかニフティも入ってたりしますが。
去年の11月が今のところの最終のニュースリリースのようです。会員エリアは入れないので良く判りませんが。

まあなんちゅうか、船頭が多い割には玉虫色であっちこちつながっているのが日本らしいのかもしれませんが、どうなんですかね。

融和的なのと攻撃的なのとでは生存戦略的にどっちが良いとはいえない、とか言う話を聞きました。
要するに個対個では攻撃的な方が概ね優位なんだが、攻撃的な個体ばかりが勝ち残った集団では結局は潰しあいになって集団としての勢力を弱めるんだとか。個体差が少ない場合にはかなり有効な理論な気もしますけど。

会社みたいに個体差が原理的には無制限に拡大するようなものに独占禁止法などで制限がかけられているのは、その辺の補正のためなんですかね。まあバランスの問題なんでしょうが。(と無難なような結論に(^^;)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/02/01

Lotus NotesはどこまでBTRONか?

Lotus Notesの父、レイ・オジー氏が振り返る20年

今から20年前の1984年12月7日、ミッチ・ケイパー氏と私は、コードネームでNotesと呼ばれる製品の開発に着手する同意書に署名した。

ふーん、TRONプロジェクトとノーツとマッキントッシュとIBM-PCは実は同じ歳なのか。

続きを読む "Lotus NotesはどこまでBTRONか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »