« アーキラボ@六本木ヒルズandアーキグラム@水戸 | トップページ | UC-Phone評価キット »

2005/01/30

専用ワープロ再考 を読んで

黒須教授のUser Engineering Lecture
専用ワープロ再考
 を読んでみて、まあもっともだと思ってしまう私は薄いユーザー。

μBTRONの発売が望まれますが、ピンチェンジも解散してしまったしなぁ

自宅では、ほぼWebとメールだけなので、超漢字+専用ハードで、値段が安くて動作が安定してるならそれに越したことはないです。

しかし、電卓を開発したときも、値段の叩き合いで要素技術をすべて持っていたにもかかわらずパソコンにいたらなかったしなあ。

パソコンも携帯電話もデジタル家電も値段の叩き合いで行き詰って、今度も何かを失っているのであろうかしら。

電子辞書にメモ機能がついたものもあるけれど、そうしたところがヒントになったりしないだろうか?うーん。

|

« アーキラボ@六本木ヒルズandアーキグラム@水戸 | トップページ | UC-Phone評価キット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/2751394

この記事へのトラックバック一覧です: 専用ワープロ再考 を読んで:

« アーキラボ@六本木ヒルズandアーキグラム@水戸 | トップページ | UC-Phone評価キット »