« JAL ICカード | トップページ | 2004年TRON10大ニュース »

2004/12/20

IBM「パワー」をオープン化

T-エンジンフォーラムの幹事会員のなかで、唯一なにやっているのかがよくわからない日本アイ・ビー・エム株式会社さんですが。

先日、PC部門売却の陰に隠れて?でもありませんが、こんな記事が。

2004年12月3日(金) 日刊工業新聞 7面
IBM、独自プロセッサ「パワー」をオープン化 インテル陣営にくさび

ニンテンドー・ゲームキューブのGEKKOを皮切りに、PS3のCELL、さらにMS-XBOX-IIまでパワー・アーキテクチャで埋め尽くそうというIBMの次なる一手はPOWERアーキテクチャのオープン化。

まあ、どこまでオープンにするのかは分かりませんけど。

しかし、この記事から考えられるT-Engineに及ぼす影響といえば

・当然ながらPowerPC版T-Engine。
・CELL版T-Engine。
・多分、PPC版T-Linux+JAVAの端末でゴーゴー。
・インテル、殺ったるでえ。

以下、<妄想>
? PPC版BTRON。
??64ビットマルチコア向けBTRON。
???PS3でBTRON。どこでもいっしょ。
????Workplaceの本命はBTRON


しかし、これを北京で発表しているあたり、日本はもうOut of 眼中ですなあ。
T-Engineは相手にされてるのかしら。

えーと、こんな感じでほんとにいいんでしょうか>王様。

|

« JAL ICカード | トップページ | 2004年TRON10大ニュース »

コメント

まあ北京でって話はIBMの中国企業売却がらみが無きにしも非ずってことでしょうねぇ。

日本でやると喧嘩売ってるみたいと言うので避けたというのも少しはあるかもしれないけど、中国は今無理矢理盛り上げている鉄火場なので華々しい物が必要と言う事情の方が強いかも。

後からのこのこ来る『カモ』を大量に誘い込まないと儲かりませんから。(笑)いけいけゴーゴーの所に売りつけるのは常道としても。

ギャンブルは僕も日本も弱いですし(笑)

投稿: リチャード・王 | 2004/12/21 10:53

初投稿有難うございます。結構でございます。
ここは亜細亜的混沌(雑然)&すーだら状態を
かもそうとしているので(笑)。

テーマ絞込みは連携ブログでやろうかと。
10個は作れるし、お仲間が増えれば楽できる
かもしれないし(^^;)

投稿: リチャード・王 | 2004/12/21 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/2325404

この記事へのトラックバック一覧です: IBM「パワー」をオープン化:

« JAL ICカード | トップページ | 2004年TRON10大ニュース »