« IBM「パワー」をオープン化 | トップページ | トレーサビリティとか »

2004/12/21

2004年TRON10大ニュース

 年末も押し詰まって、もうこれで大きい話はないだろうということで、ベタに2004年TRON10大ニュースでも。
激動の2003年ほどじゃないですけど。

 年末も押し詰まって、もうこれで大きい話はないだろうということで、ベタに2004年TRON10大ニュースでも。
激動の2003年ほどじゃないですけど。
なお、概ね時系列順ということでお願いします。

その1 TRONプロジェクト20周年

1984年6月旗揚げから、もう20年ですか。早いなー。
私が本格的にTRONに興味を持った1994年からでも、早10年か。早いなー(謎泣)。

その2 NHK人間講座 ユビキタス社会がやってきた 放映

2月から3月にかけて、教育テレビでやってましたけど、随分お疲れのご様子だったような。内容も妙におとなしかったですね。
PMCさんが出している「コンピュータの歴史」はDVDにしたりとかしないんですかね。

平成16年1月28日(水) NHK人間講座テキスト 「ユビキタス社会」がやってきた 坂村健

その3 青果物トレーサビリティシステム実証実験

もう、大根持って話す坂村教授がインパクトありすぎ。
マジレスすると、農林水産省もこの問題には力が入ってるみたいなので、2005年以降の展開も要チェックですね。

2004年1月8日(木)

毎日新聞 夕刊 10面
野菜の生産履歴店頭で確認
ICタグ実験始まる 横浜のスーパー

日本農業新聞 1面
電子荷札で履歴ピタリ 野菜の試験出荷スタート
神奈川のJAよこすか葉山

2004年1月9日(金)

日経産業新聞9面
青果の品質管理 ICタグで実験 トロン普及団体

産経新聞 10面
野菜の生産履歴確認OK

朝日新聞 朝刊 13面
誰が作った?瞬時に分かる

読売新聞 朝刊 13面
ICタグで安全野菜

日本経済新聞 11面
農産物履歴閲覧も可能
三越、ICタグ導入

日本農業新聞 3面
農家も技術活用 野菜に電子荷札

日刊工業新聞 8面
ICタグで農産物流通履歴実証実験

2004年8月15日(日) 日本経済新聞朝刊 3面
農作物の生産者・流通経路… 履歴追跡政府が主導 信頼性高め普及後押し
記事内にトロンを使用するとの記述あり

その4 T-Kernelソースコード公開開始

T-Licence自体、組み込み業界の事情を色濃く反映しているので、いわゆるオープンソースな方面からは理解しにくいだろうなとは思う。
まあ、シングル・ワン・ソースというのは私的にはTRONぽくないと思うけど、下のチップが色々あるから仕方ないよな。

その5 自律的移動支援プロジェクト

神戸を皮切りにいろんなところでやるみたいですね。
国土交通省はお金持ちだから、弾みがつくかも。
今年はこれが一番大きいニュースだと思いますね。

2004年6月11日(金) 日本経済新聞朝刊 1面 街のインフラ情報基地に 道路にICチップ>携帯に発信 暮らし向上に整備 自律的移動支援プロジェクト推進委員会(坂村健委員長)

その6 中国、韓国、東南アジアへ進出

ま、今後どうなるかはわかりませんが、今のところ順調なんでしょうか。

2004年4月16日(金) 日本経済新聞 朝刊 1面 ICタグ、日中韓が規格統一 アジア陣営、世界標準狙う ユビキタスIDセンター

2004年6月29日(火) 日経産業新聞 2面
トロンのアジア展開 ユビキタスの標準視野に TASTE代表 飯盛 敦博

2004年8月5日(木) 日刊工業新聞 1面
大連市にトロン技術供与 YRPユビキタス・ネット研大学数校に講座も

その7 超漢字原稿プロセッサ1、2発表

1998年春、3B/Vと同時発表と言い出して、早や7~8年かよ、オイ。
長かったなあ。買ってないけど。ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤーも貰いましたね。
ちょっと妄想入れると、今後ユビキタスTADはXMLで記述されるわけなので、原稿プロセッサを次世代基本エディタにするための布石なのかも。

2004年5月21日(金) 日刊工業新聞 11面
"「超漢字4」上で動くワープロソフト パーソナルメディア
原稿プロセッサ発表記事"

2004年11月15日(月) 日経産業新聞 5面
"原稿執筆用のソフト新開発 パーソナルメディア 原稿プロセッサ2"

その8 トロン・フォント・トレーサビリティ・システム公開

外字ってホンと困るんですよね。今後しばらくの間、レガシーというかEBCDICとUNIX(EUC)とUNICODE、S-JISが業務基幹システムで混在していくという悪夢を簡単に考えすぎてないか。鬱だ。

2004年3月11日(木) 日刊工業新聞 8面 外字フォントを一元管理 YRPユビキタスがシステム 半年後、一般開放も

2004年3月11日(木) 日経産業新聞 5面
文字化けなく文章交換 トロンプロジェクト 外字管理システム開発

2004年3月11日(木) フジサンケイビジネスアイ 23面
150万外字を読み取る 異種OS間橋渡しシステム

2004年3月11日(木) 日本経済新聞 朝刊 13面
ほとんどの漢字パソコンで表示 トロン開発団体がシステム


2004年3月11日(木) 朝日新聞 朝刊
13面 "旧字も網羅した文字システム

その9 Widestudio T-Engineに対応

TRON、RAD不足の声に対応する形で出てきましたが、私プログラミング全然駄目なので、どんなもんなのかわかりません。

2004年9月号 雑誌: ソフトウエアデザイン P130 WideStudioでT-Engineアプリケーションを作ろう 平林俊一

その10 量産型ユビキタス・コミュニケーター(UC)開発

量産型といえばGMですね(違)。
来年は愛知万博や自律的移動支援、青果物トレーサビリティ、その他新規事業に使う見込みが出てきたってことかと。
TEACUBEも欲しいな、やっぱ。

坂村教授率いるYRP-UNL、ユビキタス端末の量産開始

2004年2月19日(木) 日本経済新聞 朝刊 11面 電子マネー・チケット持ち運び 「未来の財布」実用化 大日本印刷、5月量産 YRPとの共同開発

2004年7月7日(水) 日本経済新聞朝刊 13面
ICタグ認識腕時計型装置 ユビキタス研 写真付

こんなところでしょうかね。ツッコミ等はコメントなどでお願いします。

2005年は、やっぱり愛知万博関連ですかね。
ある意味TRONの実験場みたいなようにも思えます。

それと、この辺は隠し玉なように思える。

2004年11月17日(水) 日刊工業新聞 13面
ユビキタスIDセンターの認定取得 NTTデータのプラットフォーム
ユビキタスサービス・プラットフォーム
RF-IDシステム構築の標準仕様初認定 ユビキタスTADの記述あり?

ではまた。

|

« IBM「パワー」をオープン化 | トップページ | トレーサビリティとか »

コメント

おお!長文だ。こうしてみるとなかなか壮観ですね。

ところで、記事の内容と本文(続き)と言う風に編集させてもらいました。中身はいじってないけど。

投稿: リチャード・王 | 2004/12/22 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/2334384

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年TRON10大ニュース:

« IBM「パワー」をオープン化 | トップページ | トレーサビリティとか »