2017/11/12

GUのセルフレジがすげえ!

https://www.toshibatec.co.jp/release/20170420_01.html
ファーストリテイリンググループのジーユーにRFID読取りセルフレジを納入

近所のジャスコ(ええ、イオンって言うんですよね知ってますとも)に新しくGUが入ったので行ってみた。

https://www.excite.co.jp/News/bit/E1477464449656.html
GUのセルフレジがハイテクすぎる! 「ドラえもんの道具の域」との声も

いや、普通にRFIDの多重読み込みだろ、って思うじゃないですか。

 端末のインターフェイス作りこみとRFIDの作りこみが大変すばらしい。これまでのアパレルへのICタグ応用例は、ためにする応用みたいな印象を抱きがちであったが、これは今までの集大成的な感じがして、すごいと思いました。

 わりと客が商品を雑に扱えるGUで、ファストリはSPAだからアイテムとRFIDとの関連もしまむらとかに比べればやりやすいとはいえ、コストどうなってるんだ。

 別業種への転換は難しそうな気もするが、特殊解としてのブレークスルーだなあ。もう最初の導入から半年以上経ってるのね。

 東芝テック……恐ろしい子……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/02

GoogleのピチャイCEO、“ハンバーガー絵文字論争”に反応ツイート

でも、文字コードとグリフのどうのこうのとかいうどうでもいいような話って結局こういうことなんだよな。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/31/news063.html
GoogleのピチャイCEO、“ハンバーガー絵文字論争”に反応ツイート

「Googleのハンバーガーの絵文字はチーズスライスがパテの下にある」ことを問題とする論争がTwitter上で展開され、Googleのスンダー・ピチャイCEOが「正しいハンバーガーの定義で意見が一致したらすべてを投げ打って修正する」とツイートした。

絵文字コードって、どうなってるんだっけ?よく知らないけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/25

IoTデバイスのセキュアな設計を ARMが業界共通フレームワークを発表

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/25/news054.html
IoTデバイスのセキュアな設計を ARMが業界共通フレームワークを発表

なんか、最近は根っこのところからセキュリティがあかんと。そんな気がするIoT。

フレームワークなんだから色々漏れとか実装のアレとかあるかもしれんけど、こういうのってうまく育つのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/18

RPA(Robotic Process Automation:ロボティクスプロセスオートメーション)

日経コンピュータを図書館で立ち読みしてたら、また知らない3文字略語が。なんなのRPMって?ロボティクスプロセスオートメーションの略?ふーん。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1707/12/news028.html
今さら聞けない、RPAとAI、botの違い

ルールベースのエキスパートシステムのことなんじゃないのかしら?エクセルのマクロも使えない俺には関係ないかなあ。

まあ、こういうことを標準的なOSの記述システムとして実装しようと考えたのがBTRONの付箋とかお回しとかTACLとかなんだろうけど、また特定アプリとして出てくるからなあ。リレーショナル・データベースの業務スキームのベンダーロックインと何が違うんだろうか。SQLがあるだけまだマシなの?俺、DBのことは最早よくわからんからなあ。

https://thefinance.jp/fintech/170601
RPAとは?業界屈指の導入実績から見えた導入の落し穴と成功の秘訣

なんかー、ベンダーロックインに気をつけろとか、業務スキーム作りこみの中身の属人化に気をつけろとか、ツールばら撒いても役に立たんとか、有象無象のツール勃興期?にありがちな注意点しかないんだけど。勃興してるとしてだけどね。

つうか、そんな業務のワークフローが実行可能なまでのルールベースに落とせるんだったら誰も苦労しなくない?とはいっても、業務スキームがうまく自動化できるテンプレートができたら……?

まあ、ちょっとバズワードとしては覚えておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/19

KADOKAWA丼(仮)、坂村 健×角川歴彦対談イベントと連動したインスタンス

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/18/news062.html
KADOKAWA丼(仮)、始動
坂村 健×角川歴彦対談イベントと連動したインスタンス、その後の使い方は?

 連動するイベントは、TRONの創始者でIoTのビジョナリーであるINIAD(東洋大学情報連携学部)学部長、坂村健氏と、KADOKAWA取締役会長の角川歴彦氏による対談を中心としたもの。

昔は、Niftyで坂村先生が直接話してたこともあったなあ。東大から離れてイキイキしてる感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/11

完結:なれる!SE16

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-893276-9/
なれる!SE16 2年目でわかる?SE入門

 16巻で完結ですか。

 本編完結ってなってるので、スピンオフとかそういうのはあるのかもしれない、ってゆうかあるんだろうな。

 しかし、この完結の仕方でいいのかなあ……。アルマダの社長が言ってることが作者の主張なんだろうし、実際そのとおりなことってあるんだろうけども。まあ、最後っ屁だから言えたのかしら。後書きも少しビターな感じ。

 まあ、ICTの時々の流行に沿ってストーリーが展開していったので、結構知ったか的には読めて助かったところはある。巻末の解説コントとか。

 今まで、じょしこうせいがヒロインだったから制限がかかっていたことについても、スピンオフならできるんじゃないか。つか、ラノベ枠じゃなくてもいんじゃね?最近は公式スピンオフとか公式アンソロジーとかもあるんだし。

 ということで、色々お疲れ様でした。

 寝ぐせ頭ヒロイン新シリーズがスピンオフで始まると、どんなだろう……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/09

アルチンボルド展を見る

http://arcimboldo2017.jp/
アルチンボルド展を国立西洋美術館にて鑑賞。東京久しぶり~。バベルの塔も見たかったんだけども。

世界遺産になったためか、美術に興味ない中学生がすごいスピードで駆け抜けてくなあ、もったいないなあ。興味がないってそんなもんか。

アルチンボルドと伝アルチンボルド?で絵の上手さが全然違うのでみんな正直だなあ。
今日の日曜美術館でも解説してたけど、皇帝の権力誇示ってのは、実物見たらなんか納得した。

ま、博物館のはしりみたいな構想も、あっちこっちから色々入ってきて、仕分ける必要が生じたからというのと、毛むくじゃらの人も含めた好奇心がないまぜになったものなんだろうとは思うが。

アルチンボルドの諧謔精神とか時代背景とかはあるのだろうけど、ある種の政治のプロデュースというのは、よくわかった感じ。

アルチンボルド風自画像メーカーはちょっと面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/28

考える窓“未来の窓”

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1067772.html
YKK AP、窓ガラスがディスプレイになる“未来の窓”プロトタイプを開発

YKK AP株式会社は、ディスプレイ機能を備えた窓ガラスで、スマート家電などと連携する「Window with Intelligence」のプロトタイプを発表した。
ガラス面に映像を表示できるタッチセンサー付きの「透明有機EL」を樹脂製窓フレームに組み込み、窓の基本性能を保ちながら、AIスピーカーやスマート家電とインターネット経由で連携したり、遠隔地の人と対話できるビデオチャット機能などを備えているのが特徴。3年後の実用化を目指す。

ソニーだ、パナソニックだの 韓国有機EL搭載テレビもボチボチ店舗に出てきたけど、この窓は面白いかも?

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/733436.html
“すまいのIoT”でLIXILと坂村健教授がタッグ、2017年にコンセプトハウスを建設 の方面に無理やり突っ込んでみようぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/07

谷川史子 告白物語おおむね全部 

http://www.s-manga.net/book/978-4-08-845771-0.html
谷川史子 告白物語おおむね全部  30th anniversary

きみのことすきなんだ……以降だいたい単行本は買ったので、だいたい読んでるけど、でもいいの買っちゃった。

ゲストが豪華すぎるだろう。なぜ江口寿史?上條淳士?

ユリイカのこうの史代向けコメントとかちょいちょい無理というか趣旨が違うかみたいなのは入ってないと思うけど、文庫本のアレとか他社のアレとか根性で入れてあってエライ。西村しのぶの下山手ドレス単行本みたい。

てゆうか、はじめてのひと 2 (マーガレットコミックス) の巻末広告が他社の広告まで入っていて谷川づくしになっていて凄すぎる。担当編集たちが作家のこと好きすぎるだろう。

多分、歳がほとんど同じだと思うけど、もう30年経ったのかあ。デビュー直後の担当編集話はいい話でグッときた。

ちなみにP.S.アイラブユーのあのセリフが好きだなあ。きっとこのへんがターニングポイントを越えたあたりだったんだろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/24

星へ行く船シリーズ オーディオブック

https://www.febe.jp/documents/hoshieikufune/index.html
星へ行く船シリーズ オーディオブックかあ。
「山崎太一郎」役が関雄……。すいません存じません。

でも、広川太一郎の呪縛から逃れざるを得なかったのなら、今後のメディアミックス展開にワンチャンあるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«自動運転ソフトウェア:Autoware