2019/10/30

日本が再び敗れる日

日経コンピュータ

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/100400134/

日本が再び敗れる データ時代の「標準化」競争が始まった

再び?いやもう何度目だよ。

だからあの時TADを国際標準にしておけば、こんなことにはならなかったのに。

| | コメント (0)

2019/10/29

劇場版 『冴えない彼女の育てかたfine』

原作読んだことなくて、最近再放送してたテレビ見てただけだから良く分からんけど。

多分、原作の積み残しから考えて色々バッサリ削った聲の形的な感じだと思ったけど。

 

結構良かったです。芸が細かいなあと。

 

しかし、深夜オタクアニメ映画なのに、こんなに上映回して客が入るのかなあ。

特典小説が、7週連続ででるとか、バランスおかしいでしょ。

| | コメント (0)

2019/10/19

英ダイソン、電気自動車開発を中止 「商業的に実現不可能」

https://www.bbc.com/japanese/50010064

英ダイソン、電気自動車開発を中止 「商業的に実現不可能」

んー、結果だけ見るとあんまり意外だと思わないけど、結構自信満々だったからいいとこまでいってるんだと思ってた。

やっぱり、電池次第ということで、電池の開発は続けるみたい。

 

電気自動車のなかにハイブリッド車が入ってなかった気がしたけど、最近はそうでもないと聞くような。

電気自動車も乗る機会ちょこっとあったけど、充電するのめんどくさいなあ、って思った。

出張終わりの終業後に充電、って考えてると急速充電器だと鉢合わせが合ったりするし。

200V充電って工事がいるし、意外と夜間おきっぱとかに適した場所がないし……。

航続距離そんなに長くないのに出先で充電とかどうしよう?とか。

とりあえずガソリン入れてけばなんとかなるPHVぐらい……?でも高いしなあ。

 

先は長いかも。まあいいけどね。

| | コメント (0)

2019/10/16

私の履歴書 IIJ 鈴木幸一

https://www.nikkei.com/article/DGXKZO50989140V11C19A0BC8000/

鈴木幸一(15)「銀座で素っ裸」 注文殺到 懐疑論消える 欧米で戦略技術、もどかしく

村井純回想記?だったっけか?郵政省も着地点を何とかしようという意図は無くもなかったと思わなくもないし、この当時のインターネットが通信事業という法体系だったりOSIに喧嘩売ってたりという体になってたから進めるの難しかったという話も聞いたことがないわけじゃないけど。

 

でもまあ、肝心のインターネット黎明期に日本が何を失ったかというのがわかる感じはする。

第2次大戦後の戦後の航空停止を見てるみたいだ。

 

インターネットが商用化されてもしばらくはTCP/IP懐疑論ってあったように思うし、それはそれなりに納得できるところもあったし、その辺が現在のセキュリティホールとなっているような気もする。

 

それが、現在、どのように繰り返されているのかというのは……?なんだろう、暗号資産関連かな?

俺が見届けるころには俺は現役引退してるから、もういいや。

 

| | コメント (0)

2019/10/07

『ジョーカー』『若おかみは小学生!』だいたい同じ。

https://twitter.com/numagasa/status/1181026857270956032

JOKER見たあと、なんかモヤモヤしてたんだけど、完全に納得した。

| | コメント (0)

2019/09/27

「のうりん!」と美濃加茂市コラボポスター

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1512/08/news106.html

批判受けた「のうりん!」と美濃加茂市コラボポスター、新デザインを掲出 「作品自体は適切なもの」と企画は続行

ポスターのキャラの胸が強調されてセクシーすぎないかと批判を受けていましたが、デザインを一新しました

すっかり、りゅうおうのおしごと に全力になっちゃって、最終巻が出そうにない のうりん! ですが、あれはあれで気になるんよ。

 美濃加茂市も色々あったしなあ……。

| | コメント (0)

2019/09/23

高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの

https://www.momat.go.jp/am/exhibition/takahata-ten/

高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの

手際よく充実した内容だったと思うけど、高畑勲の狂気みたいなのはあまり表に出せないよなあ。

なつぞら効果で混んでた。

 

ハイジのコンテの実物見本が ‎富野喜幸のものだったけど、ところどころ宮崎駿?が全部直ししてあったような?

いつどうやって直したんだろう?おかしくないか?

| | コメント (0)

2019/09/21

野中郁次郎とアジャイル開発

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO50030520Q9A920C1BC8000/

野中郁次郎(20)依頼 「知識創造」理論の構築へ ハーバード大からの研究要請

野中郁次郎といえば、SECIモデルですが、

(「共同化」(Socialization)、「表出化」(Externalization)、「連結化」(Combination)、「内面化」(Internalization)という4つの変換プロセス)

なんで、外国で評価高いみたいな話なのかはよくわかんなかったけど。日本で当たり前っぽいこと言ってる感じだったし。

今日の私の履歴書で当時のアメリカでは新しい文脈だったんだなあと思った。ハーバート・サイモンのオーガニゼーションとか、システムの科学 の静的というか受け身っぽいのを超えていこうという視点だったのかとちょっと納得した。

 

80年代初頭で、日本企業?の富士ゼロックスとホンダを分析して、アジャイル開発を提言して、なんだかんだでアメリカで輸入されて、エリックリースとかがリーンスタートアップ的に改良したりして、何十年か経ってからアジャイルって名札がついて近年日本でも再輸入されて、日本で猿の惑星に至るということらしい。

 

なんじゃそりゃ。アジャイルって日本企業の研究から来てたんかい。リーンもそうだけぢさあ。

 

PDCAって、製造業の物理的制約があるからウォーターフォールモデルでも、違和感ないかもしれんけど、事務職的には、セキモデルの方が違和感ないような気がするんですよ。

上杉鷹山が言ったとかいう

働き一両、考え五両、知恵借り十両、コツ借り五十両、ひらめき百両、人知り三百両、歴史に学ぶ五百両、見切り千両、無欲万両

って、ナレッジマネジメントのことだよなあ。

無欲万両って、行動心理学とかでいうバイアスのない思考ってことかしらん?それが出来たら万両かもなあ。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/09/16

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

https://globe.asahi.com/article/12397166

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

アメリカのニューヨークの図書館って色々やっていて豪華。

イメージライブラリーって使ってみたいなあ。

こういうの見ると、やっぱりビックリするな。

電子書籍貸すの増やそうかどうしようかなあ、って考えてるけど、撮影されたの随分前だから、もう結論出てるよな、今なら。

しかし、日本の図書館とは結構イメージ違うなあ。貸本が業務の中心ではあるんだけど、もっと色々サポートしてる感じ。

NPOが色々資金調達して経営してるとか、PPPってこういうことなんだねえ。初めて分かった気がする。

ドラッカーの非営利組織の経営、ってこういうことなんだねえ。

色々出てくる人や名前が豪華すぎてビックリするな。

 

| | コメント (0)

2019/09/14

契約書に印鑑よりも(アウディじゃない)eTRONを

アレいちいち本人がサインするってのが肉体的にしんどいけど、ハンコは別にそこまでしんどくないからな。

外国の人がサインのハンコ作ってるとか言う本末転倒な話も聞いたことあるような。

 

(自筆)署名+押印ってのは今はやりの2種類認証だしな。

 

契約業務を日常的にやってると、電子契約って上手くいけばいいけど、うまくいかなかったことを想像するとどうしようとか思う。

 

とりあえず、認証局……。認証局ってハンコ以上に信用していいの?そこで、eTRON……ってどうなったんですかね?

もう少し掘り下げて真面目に考えてみようかなあ。

 

あー、こういうことなんだねえ。

認証局(CA:Certification Authority)の信頼や信用性にユーザーが悪態ついてるうちはハンコ無くならないよなってのは、まったくそう思う。

https://comemo.nikkei.com/n/n6137c309ec1c

何がデジタル化を阻むのか?IT業界が「紙とハンコ」から学ぶべきこと

| | コメント (0)

«enchantMoon(エンチャントムーン)ソニーに行く?