2021/09/23

TADからはじめよう

やっぱりTADが必要だよなー。

実身仮身はさておき……もうハイパーテキストの仕組みは普通に入るでしょ……。

やっぱマシンリーダブルでファイルとコマンドが一体化できる設計思想。

文字コードからファイルの互換性を考えてある。

構造化も実身仮身があるんだから考えてある。

ここから始めると、普及は無理だなあ。この30年何してたんだろう。

マイクロソフトオフィスのアプリのファイル形式が普及してたから問題ないって季節が過ぎて、何も残ってなかった。

TRON三原則?四原則?とかもう一回言い直してもいいんじゃないのか?

| | コメント (0)

2021/09/20

半導体不足って何?

https://japan.cnet.com/article/35173301/

半導体不足はなぜ起きている?

--自動車の製造にまで影響を与えるその仕組みとは

なんか、この記事が良くまとまってる気がする。

ルネサスがファブライトとかカタカナで製造現場をバタバタ閉めちゃったら台湾の企業が言うこと聞かなくなったけど、こういう時だけ安保を持ち出すのってどうかと思うんです、ってまた例によって困ったとき安保ですかね。

ところで不織布マスク安保はその後どうなったんでしょうか。調べたことないけど。

https://jp.sharp/mask/  シャープは律儀に作ってるんですね。

自動車の半導体は温度耐性とか条件シビアだしおいそれとパソコンやスマホの転用できないし、作っても儲からないだろうし。

日本の論理半導体部門ってどうなったんでしょうか。

最近は日経エレクトロニクス読まなくなっちゃったからそのレベルの話もよくわかりません。

でも、ああいうのってデザインセンスの話みたいなとこあるからなあ。社会にどうやって論理半導体が組み込まれていくかっていうデザインセンスって、TRONにはあったかな。坂村先生の寝床芸かもしれないけど、デザイン志向みたいなのあったしな。

実際、初期のTRONの全体像ってアレってバウハウスのパクリみたいなとこあったしな。

ティア3がクリティカルパスだなんてこと想定したことないよな、フツー。

今の自動車や家電ってロボットみたいだから、論理半導体がないと動かないんだけど、社会がロボットになるユビキタスというかIoTで、論理半導体のライセンスが輸入できないことって、中国みたいなことが日本でも起こるんでしょうか。

日本のデジタルの底力で解決できるんじゃない?

  

 

 

| | コメント (0)

2021/09/18

C・シンクレア氏が死去

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE173CV0X10C21A9000000/

C・シンクレア氏が死去 英のコンピューター開発者

やっぱりイギリスってコンピューターが進んでるんだよな。

何でですかね。

| | コメント (0)

2021/09/17

漂流し始めた「スーパーシティ」

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00359/090600001/

漂流し始めた「スーパーシティ」構想、すれ違う国と自治体

日経ビジネスにも載りましたね。3年がかりの自治体からの全提案を棚ざらしにした挙句新規性がないから全部却下って……。

でもなー、特区だからって「住民合意」を前提にすれば手堅い政策になるんじゃないの?

最初の特区指定の運用に失敗したからって、あんまりだと思いましたね。

スーパーシティの委員にも確か坂村先生入ってたような。

これを法案にした片山さつきスゴイなーとは思いましたけどね。

都市OSありきみたいな印象しかないし。

なんでまた全却下なのかしら?特区で認めた案件を全国に広めるという農地改革の話で拗れた案件のデジタル版なんだろうけど。

デジタル庁って何するのかしら?今年度中に全自治体がプロポーザル前提のシステム構築提案を複数企業から受ける……?

そこからして無理じゃね?ITアウトレイジでも無理じゃね?

https://twitter.com/search?q=%23IT%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B8

 

| | コメント (0)

2021/09/10

BTRON都市伝説

https://tver.jp/corner/f0082731

テレビのバラエティでなぜ今更BTRONで坂村先生のインタビュー?

デジタル庁とかIoTとか全然関係ないのに。

しかし70歳ですか。お元気そうで何よりです。

| | コメント (0)

2021/09/01

アーム・チャイナ

http://richard-wong.cocolog-nifty.com/tron/2020/07/post-62aa64.html

合弁会社アーム・チャイナ 中国伝統の印章が企業間紛争の源に

って、以前に書いたけど……それが何でこうなるの?

http://www.gamecast-blog.com/archives/65984795.html

Armの中国合弁会社がArmからの独立を宣言し、中国市場を乗っ取り。ArmのIP売上から作られた中国独自製品も発表

RISC-Vも中国でバリバリで開発して、中華オリジナルだから他の国は使わせない?

ハニホヘトイロハァ?

これってIPビジネス全般が中国て展開できない?という風に読めなくもないけども。

まあ、空調服のイザコザを逆転人生でやってたしな、どこでも起こる話だけど、裁判やってもひっくり返らないというか裁判自体起こせない?

ハニホヘトイロハァ?

| | コメント (0)

2021/08/26

「ブルーサーマル」アニメ映画化!

https://natalie.mu/comic/news/442363

「ブルーサーマル」アニメ映画化!

堀田真由・島崎信長・榎木淳弥が出演、特報も

 

東映、テレコムアニメーションという布陣なので、まあ大丈夫だろう。誰が企画通したんだこれ。偉いぞ。

ブルーサーマルは多分超読み切りからの短期連載がなんだかんだで5巻まで行っちゃったから、内容が継ぎ接ぎなので脚本大変かなー。

脚本のヒトはこみっくがーるずとかろんぐらいだぁす!やってるから普通の発注案件だと手堅い感じはするんだけどな。炎上してるのはなんか事情あり過ぎ案件のような気がします。

たぶん全部はやらない方が良いんじゃないのかな。尺的にも内容的にも初ソロあたりで終わっておくのもアリなんじゃないのかしら。

これで木曽川がガチの聖地に……(<違う)。実写ドラマとかになったら宿舎がロケ地に……。宿舎弁当グルメが……。三整がモテモテ……。

埼玉県のアニメ観光も頑張っていただきたい。鬼畜メガネは適役なんじゃないでしょうか。

おそらくああいうエースをねらえ天才スポ根路線に行くのは葛藤があったのではないかと思うんだけど、ネームだけは切ったらしいゆるゆる航空部ものも見てみたいかなあ。あと京都のお姉ちゃんはどうなるんですかね。

テレビで2クールぐらいだと5巻のあたりをもっと突っ込んで解釈できるのかもな。機体の描写も楽しみですね。

とりあえず、何としてでも見に行かねばならない。

原作の帯には第一部完って書いてあったよな、確か。

| | コメント (0)

2021/08/10

劇場版「なれる!SE」デジタル庁をデコードせよ!


……って妄想ですよ。あれから5年後とかの設定で。

大規模プロジェクトカットオーバー直後に、総務省でのIP/V6変換装置導入実績を請われてデジタル庁に出向になる三人。
出向した結果、給料減る。名刺作るのに決裁、出張するのに決裁、意味不明は役所用語と手続きにキレる。

「民間よりブラックじゃねえか!」

当然、内部での派閥争い(省庁間、ベンダー間)に巻き込まれる。
一通の海外からの謎メールから始まる霞が関クラウドへの海外からのDDoSサイバー攻撃、SNSで個人攻撃炎上。
重要案件仕様決定が国会決議対象になり、デジタル庁長官から内閣総理大臣まで説明に行くことになる。

「FAXだって、電話回線を盗聴されれば秘匿通信にはならないですよ。」
果たして官報登載に間に合うのか?
「この国には電子決裁を飛び越えて、紙を法律に変えられる唯一のハンコがあるんですよ」
「お前、どのハンコのこと言ってるのかわかってるのか?」

某国からのクラッキングで重要インシデントが連続発生。
三人に絶体絶命の危機、責任を押しつけられそうになる格好で出向停止寸前になる。

「GPKIでは秘匿通信になっていません。VPN上に穴があけられて、PKIそのものが破られています。まさか……量子……?」

「法案サーバーが乗っ取られました。ランサム要求が来ていますが……ブラフか?」


そこでかつての同僚と競合相手が……。「コの業界にいるなら、あの三人を潰してはならない」

「あいつらには貸しがある。そいつを返してもらってないな」
そして、最後は驚きのどんでん返し……。

旧ソ連時代、暗号数学の女神と言われた少女がいた。現在は日本のどこかにいるはず。

探し出せ。コードネーム「ヤー、チャイカ」作戦発動。
「この毒饅頭ファイルを解読させれば……。」
「ロシア語でプログラミング……だと?」


全SEが泣いた。劇場版「なれる!SE」とか見たいような見たくないような。

| | コメント (1)

2021/08/05

『9プリンシプルズ』

https://wired.jp/2017/08/01/yamagata-joi/

山形浩生×伊藤穰一「面白いものは探しに行くのではなくて、フィルターを外すと見えてくる」:『9プリンシプルズ』インタヴュー

んー、本のななめチラ見ぐらいはしたような覚えがある。

新しめのフツーということで、違和感はなかったように思ったけども。

 

事務方トップかあ。どうなるんですかね。

| | コメント (0)

2021/07/25

コロナと「米穀通帳」

ワクチンって要するに配給だよな。

コロナワクチン版の「米穀通帳」みたいなのがあれば良かったんじゃね?

大体、50年前ぐらいにはまだまだギリギリ見かけたよなー。

嫁入り道具の一つとして当たり前だったみたいな親との与太話をしていた。

 

つまり、食管法みたいなののコロナワクチン版をやればいいんじゃないのか?

その後の結論も配給制度が廃止され、自主流通制度の法定化により廃止というとこまで同じだよな。

ワクチン国産化とかで。配給って難しいよね。だからこそのマーケットデザインなのかしら。

まあ、強烈に不況だったり市場が特殊だからマーケットデザインが必要になるだけで、物があれば普通に市場にまかせればいいよね。

早くそうなってほしいものだ。

| | コメント (0)

«絵がふつうに上手くなる本